「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

もしもハマカーンがフットボールアワーの名作漫才「焼かんでええやん」をカバーしたら

当て書き:ハマカーン浜谷健司 / 神田伸一郎

 

神田:こないだものすごい大きい人を見かけたんですけど…

浜谷:背が高いってことですか?

神:横もこんなんで,指もこんなに太くて焼きいもくらいあったんですよ

浜:焼きいもって…,さつまいもくらいあったんですか?指が

神:焼いもだって

浜:だからさつまいもってことだろ?

神:「焼いもだ」って言ってるじゃん

浜:別に焼かなくてもいいだろ

神:何が?

浜:だから,「焼いもって言う必要ないだろ」って言ってんだよ

神:別に「焼きいも」って言ってもいいでしょ

浜:大きさの話をしてるんだから,「さつまいもでいいだろ」って言ってんの。わざわざ焼く必要ないんだよ

神:わざわざ焼いたわけじゃないよ。その人の指を見て,「焼いもみたいなだなぁ」って思ったんだから

浜:だからなんで「焼きもみたいだ」って思ったんだよ。ホクホク感あったのかよ

神:あるわけないじゃん。指だよ。ホクホク感ある指なんてあるわけないでしょ

浜:分かってるよ。だから「さつまいもでいいだろ」って言ってんだよ。お前がわざわざ焼くことによって余計な情報が入り込んでくるからやめろよ

神:そんな細かいこと気にするの浜谷さんだけだよ。マッチョなのに細かいのは嫌われるよ

浜:マッチョ関係ねぇだろ。で?その人がどうしたんだよ

神:その人がね,体こんなに大きいのに,こんなに小さいポーチを下げてたんですよ

浜:それはちょっと見ちゃうね。「その体格でそんなに小さいなポーチで大丈夫ですか?」ってことだろ?

神:ちょうどね,焼きおにぎりくらいの大きさのポーチだったんですよ

浜:お前なんですぐ焼くんだよ

神:「すぐ焼く」って?何が?

浜:だから,なんで「焼きおにぎり」って言うんだよ。「おにぎりでいいだろ」って言ってんの

神:いいでしょそう思ったんだから。「この人のポーチ焼きおにぎりみたいだな」って思ったんだもん

浜:だからなんでお前は「焼きおにぎりみたいだ」って思ったんだよ。そのポーチちょっとこんがりしてたのかよ

神:してるわけないじゃん。ポーチだよ。こんがりしたポーチなんてあるわけないでしょ

浜:分かってるよ。だから「おにぎりでいいだろ」って言ってんの

神:焼いたらダメなの?

浜:なんでお前はそうやってすぐ焼きたがるんだよ

神:焼きたがってるわけじゃないよ。たまたま例えで出てきただけでしょ。浜谷さん細かい。女子はそういう細かいこと言う男嫌いだから

浜:お前女子じゃねぇだろ!

神:頭硬いし。筋肉だからしょうがないけど

浜:俺の頭筋肉でできてねぇよ

神:俺みたいにもっと頭柔らかくした方がいいよ。俺の頭なんて焼きプリンくらい柔らかいからね

浜:だから「焼くな」って言ってんだよ。今焼きにいっただろ

神:焼きにいってないよ

浜:いや,今絶対お前の方から焼きにいった

神:たまたま出てきた例えが焼き上がってただけでしょ

浜:「出てきた例えが焼き上がってた」ってどういうことだよ。「頭が柔らかい」ってことを言いたいんだろ?だったらプリンでいいんだよ。焼いたらその分ちょっと硬くなるだろうが

神:そうやっていちいち人の揚げ足取るのは女子が一番嫌いなタイプだからね

浜:だからお前女子じゃねぇだろ!

神:冗談みたいなものだと思ってさらっと流せばいいじゃん

浜:お前がいちいち焼いてくるから気になって仕方ないんだよ

神:お前意外と冗談とか真に受けちゃうタイプだよね。焼き豆腐の角に頭ぶつけて死なないと治らないんだろうけど…

浜:(笑)なんだよ「焼き豆腐の角に頭ぶつけて死なないと治らない」って。「焼くのやめろ」って言ってんだよ。「豆腐の角に頭ぶつけて死ね」っていうのはことわざだからな。ことわざを勝手に焼いたらダメなんだよ。「柔らかい豆腐の角に頭をぶつけても死ねない」ということに意味があんだから。焼いたらちょっと致死率上がるだろ

神:致死率上がるんならちょうどいいでしょ

浜:「ちょうどいい」ってなんだよ

神:お前の細かい性格治るかもしれないじゃん

浜:お前なぁ,お前がすぐに焼いてくるからだろうが。もう絶対に焼くなよ。お前変な焼き癖ついちゃってるから。今後は焼かないように気をつけながらしゃべれよ

神:「焼き癖」ってなんだよ。分かったよ。焼かなきゃいいんでしょ。でもどちらにしても浜谷さんは,人生の最後に焼き豆腐の角に頭ぶつけて死ぬことになってるでしょ

浜:なってねぇよ。なんで俺の死因「焼き豆腐」なんだよ。焼き豆腐による撲殺死って…,死んでも死にきれねぇだろ

神:浜谷さんは焼き豆腐の角に頭をぶつけて死ぬ前になんか食べたいものとかある?

浜:だから俺の死因を決めつけるのやめろよ。なんで俺の死ぬ話を続けようとしてんだよ

神:人はみないつか死ぬんだよ。お前は筋肉さえつければ永遠に生きられるって思ってるみたいだけど

浜:思ってねぇよそんなこと。いくら筋肉つけたっていつか寿命がくるってことくらい分かってんだよ。死を意識したうえでの筋トレだろうが

神:で,何がいいの?

浜:何がだよ

神:だから,最後に死ぬ前に食べたいものだよ

浜:最後の晩餐みたいなことかよ

神:そうそう。最後の晩餐

浜:最後っていうなら,妻が作る卵焼きとかいいですよね

神:ずるくない?

浜:何がずるいんだよ

神:卵焼いてるじゃん

浜:あたりまえだろ。卵は焼くに決まってんだろ

神:人には「変な焼き癖ついてるから絶対に焼くな」って言っておきながらすぐ焼いてるじゃん

浜:これは焼かなきゃダメなやつだろ

神:焼かなくてもいいでしょ。生でも食べられるよ卵なら。新鮮なやつじゃないとダメだけど

浜:おかしいだろ。なんで俺最後死ぬ前に妻が割った生卵飲み込まなきゃいけないんだよ

神:相方の俺には「絶対に焼くな」ってあれだけ言っておきながら,奥さんにはすぐ焼かせるなんて信じらんない

浜:なんだよお前,気持ち悪いよ。やきもち焼くんじゃねぇよ

神:餅焼いた!だからなんですぐ焼くの

浜:なんだよいちいち。だからこれは焼かないとダメなやつだろって

神:「やきもち」って言う必要ないじゃん。「もち焼くなよ」って言えばいいじゃん

浜:ダメだろ。意味分かんないだろ。「もち焼くなよ」って…なんで俺は餅を焼いてる人を注意しなきゃいけなんだよ。あ~もうお前にはいくら説明してもダメだ。焼け石に水だ

神:また焼いた!石まで焼いた!

浜:だから焼かないとダメなやつなんだって

神:「石に水」って言えばいいじゃん

浜:だからダメだろ。石が水で濡れただけだからな。俺は別に石を水で濡らしたいわけじゃないんだよ

神:人の焼き癖注意しておきながら,卵に餅に石まで焼いて,お前の焼き癖の方がひどいじゃん

浜:俺が言ってるのは全部焼かないと成立しないやつだから焼いていいんだよ

神:自分だけ「焼いていい」なんてずるいじゃん。それなら俺も焼くよ。最後の晩餐は焼き物ずくしにするから。たこ焼き・お好み焼き・もんじゃ焼き,焼きそば・焼うどん・焼きラーメン,焼肉・焼き鳥・焼き豚…

浜:お前焼きすぎだよ,やめろって…

神:今まで焼くの我慢してたから最後の晩餐は焼きまくるから。鉄板焼き・生姜焼き・ステーキ,焼き魚・イカ焼き・焼き浜谷…

浜:「焼き浜谷」って…,人を「焼きハマグリ」みたいに言うな。焼き狂ってんなこいつ。最後の晩餐っていうのは一つって決まってんだよ。そんなに何種類も選んだら「最後の晩餐」っていう概念自体が意味なくなるだろ

神:最後くらいいいでしょ,好きなもの食べたって

浜:好きなものを食べていいけど,「最後の晩餐」っていうのは一つだけ選ぶことに意味があるんだよ。だから一つだけにしろよ

神:いいじゃん好きなだけ焼いたって。「一つだけ」って…ほんと浜谷さんは細かいし小さい男だよね。煮込みハンバーグくらい小さい。もういいよ

浜:(お辞儀をしながら)どさくさに紛れて煮込んでんじゃねぇよ

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ