藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

たっきゅう

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

小学5年生の男の子<ペンネーム>ジェームズ・ハドソン・スミスさんのコント台本です。

 

ケビン:最近ラケットかおうかなって思ってるんだけど

カボス:だけど?

ケ:ほしくない

カ:なぜ?

ケ:だってうまくないしー

カ:じゃあおしえますよ

ケ:あぁじゃあラケット買ってくるぅ

1分後

カ:早っ

ケ:つかれたぁ

カ:じゃああした…

ケ:いや!! つかれてません!!

カ:でも今つかれたぁって

ケ:言ってません

カ:まぁいいけど…

ケ:じゃあ

カ:始めましょうか

ケ:よっ

カコンカコン

カ:あー16cm台の中でださないと

ケ:いいんですあそびだから

カ:そうなんですか

ケ:あー!! なぜだ

カ:みんなさいしょはそうですよ

ケ:でも

カ:ガンバッテ

ケ:あぁ

ケ:あぁせまい 

カ:あっちょっと

ケ:もうやめるよ~ん

カ:なんで

ケ:せまい

カ:え

ケ:あれぐらいあればいいのに

カ:え?テニスコート

ケ:あれテニスですか

カ:そうですけど

ケ:テニスしたい

カ:さいしょからテニスすればいいじゃないか

ケ:ラケットかってくる

30秒後

ケ:かってきた

カ:ヤレヤレ

ケ:よしやろう

カ:いいですよ!! 

ケ:ひろい!!

カ:せまいの次はひろいか

ケ:たっきゅうがいい。でもラケットはテニスのがいい

カ:とにかくたっきゅうしよう

ケ:わかった

カ:ハァヤレヤレ

ケ:せまい…そうだラケットだ。ラケットがわるいんだ

カ:でもテニスラケットのたっきゅうばんはないなぁ

ケ:もうやだ!! いいサッカーする

 

 

所見:「漫才」ということで投稿したいただいたのですが,「コント台本」ということにさせていただきました。「漫才コント」というのもあるので,最近は「漫才」と「コント」の違いが曖昧になってきていますが,ラケットを買いに行くシーンもあるので,コントの方がよりしっくりくるかなと思います。ケビンさんのわがまま加減がおもしろいですね!ケビンとカボスという名前には,かなりセンスを感じます。

 

 

これはフリーのコント台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

  

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から