「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

名前はまだない

当て書き:サンドウィッチマン富澤たけし / 伊達みきお

 

富澤:最近猫を飼いはじめましてね

伊達:猫はかわいいね。どんな猫ですか?

富:しっぽがついてて,四つん這いで歩くかんじの猫ですね

伊:みんなそうだよ。猫は。何を言ってんだよ

富:どんな猫って言うから…

伊:大きさとか色とかあるだろ

富:あ〜…大きさはこれくらいで,色は無地

伊:無地ってあんまり言わないけどね。白ってことですか?

富:真っ白でかわいいんですよ

伊:名前は?

富:名前はまだないです

伊:じゃあ俺がつけようか

富:なんでだよ。恥ずかしいからやめろよ

伊:なんで恥ずかしいんだよ。俺に名前つけられたら。名前つけるの得意だから。昔そういう仕事してたから

富:猫に名前をつける仕事?そんな仕事あるのかよ

伊:どういう名前がいいの?

富:白猫だから,白がつく名前がいいかな

伊:白がつくね。あとは?

富:すくすくと育ってほしいっていう願いを込めたかんじ?

伊:思いつきました

富:もう!? 早くない?

伊:そういう仕事してたから

富:どういう仕事なんだよその仕事

伊:白ってついて,男らしく元気に育ってほしいという願いを込めて,「白飯」ていうのはどう?

富:メスだよ

伊:メスなの?そういうことは先に言えよ

富:それに「白飯」って米だろ

伊:大丈夫だよ。白飯っていうのはちゃんと炊き上がってる米だから

富:ふっくらと炊き上がってるかとかそういう問題じゃないんだよ

伊:メスだからね。だったら…女の子っぽい名前で,「白」に「美しい」って書いて…「白美」っていうのはどう?

富:嫌だよ,そんな白身魚みたいな響きの名前

伊:何文句ばっかり言って。「白飯」と「白美」以外で白がつく名前っていったら「白ごま」か「白味噌」しか残ってないからね

富:なんで食べ物の名前つけようとするんだよ。猫なのに。お前名前つけなくていいから。妹がつけることになってるから

伊:猫の妹が?

富:俺の妹がだよ。猫の妹って猫だろ

伊:お前の妹ね。妹は名前なんだったっけ?

富:名前はまだないです

伊:まだない?お前の妹生まれたて?

富:38

伊:38歳にもなってなんでまだないんだよ

富:迷ってるんだろうね

伊:迷いすぎだろ

富:名前っていうのは一生を左右するものだから,迷うのも当然でしょ

伊:38年間も名前つけてもらえない時点で人生迷いっぱなしだろ

富:家族で話し合って,とりあえず猫の名前を先につけようってことになったんだよ

伊:まず妹でしょ。お前んちの家族頭おかしいの?

富:まあまあだよ

伊:まあまあおかしいのかよ。妹もいたの?その場に

富:いましたよ

伊:妹も妹だよ。なんで「わたしのを先につけて」って言わないんだよ

富:妹には「名前」っていう概念がないからね

伊:「名前」っていう概念がない?どういうことだよ?でもその妹が猫の名前をつけるだろ

富:だから全然決まらないんだよ

伊:何やってんだよ。猫の名前が決まらないと,妹の方も決まらないんでしょ

富:そこがジレンマだよね

伊:全然ジレンマじゃないわ。名前なんておもいきってつけちゃえばいいんだよ。猫は「タマ」,妹は「花子」でいいだろ。勢いだからこういうのは

富:勝手に決めるなよ。「花子」はうちの母親の名前だから駄目だよ

伊:お母さんとかぶっちゃった?じゃあ「花」でいいだろ

富:「花」は一番下の妹の名前だから駄目だよ

伊:一番下の妹?ちょっと待て。すぐ下の妹のその下の妹にはもう名前がついてんの?

富:あたりまえだろ。もう35だからね

伊:いやいや…38だろ?もう一人の妹は

富:あいつには「名前」っていう概念がないからいいんだよ

伊:だからなんなんだよ…その「名前」っていう概念がないって。大丈夫なの?その妹

富:その妹って?まいのこと言ってんの?

伊:まい?まいって誰だよ?

富:すぐ下の妹だよ

伊:いやいや…すぐ下の妹にはまだ名前ないんじゃないの?

富:名前がまだない?そんな人いるわけないだろ。38にもなって

伊:お前が言い出したんだろ,「名前はまだない」って

富:言うわけないだろそんなこと(爆笑) 名前はまだないなんて

伊:笑いすぎだよ。さっき言っただろ,「名前はまだない」って

富:言ってないよ。「名前はなだまい」って言ったんだよ

伊:名前はなだまい?…「なだまい」っていう名前なの?

富:そうだよ

伊:名字が「なだ」で,名前が「まい」?

富:なんで俺と名字が違うのかというと,なんと!なださんと結婚したからなんですよ!

伊:そうだと思ったわ。むしろそれしか思いつかないだろ。でもさっき「家族で話し合って,妹の名前よりも猫の名前を先につける」みたいなこと言ってただろ

富:言ってないよ。妹が飼い始めたキリンの名前よりも,うちの猫の名前を先に決めようっていうことになったって話だよ

伊:いやいやちょっと待てよ。お前の妹キリン飼い始めたの?

富:飼い始めたっていっても…10頭目だからそんな驚くことないだろ

伊:10頭目!? これまですでにキリン9頭飼ってて,新たにキリンを1頭飼い始めたってこと?驚きも10倍だろ

富:キリン多すぎて名前つけるのが大変なんだよ

伊:いや…名前がどうっていうより…飼育できんのかよ

富:妹は飼育は得意だから。でもなぜか…全然名前をつけようとしないんだよね

伊:それは「名前」っていう概念がないからだろ。俺がつけようか?

富:やめろよ。お前すぐ変な名前つけるようとするだろ。「白飯」とか「白美」とか

伊:確かに俺は猫の名前をつけるのは下手だけど,キリンの名前をつけるのは得意だから

富:そんなの得意とかあるのかよ

伊:昔「キリンの名前をつける」っていう仕事してたからね

富:名前をつける仕事って…キリンの名前だったの!? そんな仕事ほんとにあるのかよ

伊:キリンは早く名前つけてあげないとぐれちゃいますからね

富:キリンってぐれるの?ぐれたらどうなるんだよ

伊:ぐれはじめた初期の頃は…学ランの詰め襟を長くしたりとかね…

富:昔の高校生の不良みたいに?キリンだとめちゃくちゃ長くしないと駄目だろ,詰め襟

伊:ほぼコルセットだけどな

富:めちゃくちゃ怖いだろ,そのキリン

伊:気をつけた方がいいよ,ぐれたキリンは襲ってくるから

富:気をつけるってどうしたらいいんだよ。ヘルメットとかかぶっていけばいいのかよ

伊:ヘルメットなんてかぶったって無駄だよ。キリンの力はものすごいからね。むしろね,キリンのご機嫌をうかがうかんじでいった方がいいよ

富:キリンのご機嫌ってどうやってうかがうんだよ

伊:やったことないの?

富:あるわけないだろ

伊:「今日もいいかんじで首が長いですねぇ〜」とか言えばいいから

富:嬉しいのかよ,キリンはそれを言われて

伊:嬉しいだろ。あんだけ首が長かったら

富:首が長いことを気にしてるかもしれないだろ

伊:逆にね。太ってる人は太ってることを気にしてるかと思えば,痩せてる人は痩せすぎてることを気にしてたりするからね。キリンも首が長すぎること気にしてるかもしれないってことだろ?ごもっともだな

富:「ごもっともだな」じゃないよ。キリンに襲われるかもしれなんだぞ。キリンのご機嫌をどうやってうかがえばいいのか教えろよ

伊:適当にあることないこと言っておだてれば大丈夫だから

富:お前そんな適当なこと言ってキリンに襲われたらどうするんだよ。俺は念のためヘルメットかぶってキリンに会いに行くからな

伊:かぶるんだったらもっといいものがあるだろ

富:何かぶって行けばいいんだよ

伊:猫をかぶって行けばいい

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ