「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

つぶつぶ

当て書き:アンタッチャブル山崎弘也 / 柴田英嗣

 

山崎:前から思ってたことがあるんですけど,そろそろ数の子のつぶつぶの数を数えたほうがいいと思うんだよね

柴田:は?何言ってんの?数の子のつぶつぶの数?

山:数の子のつぶつぶの数をそろそろ数えたほうがいい時期でしょ

柴:あのちっちゃいつぶつぶを?数えるの?

山:一緒に数えよう!

柴:嫌だよ

山:なんで嫌なの?そろそろ数えたほうがいい時期にきてるんだからさぁ

柴:さっきから「そろそろ」って言ってるけど,なんなの「そろそろ」って

山:「そろそろ」っていうのは,「ある時期ある状態になりつつあるさま」のことですよ

柴:「そろそろ」の言葉の意味を聞いてるんじゃないの。「数の子のつぶつぶの数をそろそろ数えたほうがいいってどういうことだよ」って聞いてんの

山:ちょっとまじめな話になりますけどいいんですか?

柴:なんだよまじめな話って

山:僕はこれまで20年間,「数の子というのはあの塊で一つなんだ」って自分に言い聞かせるようにして生きてきたんですよ。でも,もうこれ以上自分を誤摩化して生きていくのは無理だ,もう自分に嘘はつけない,これからはちゃんと数の子のつぶつぶと向き合って生きていこう,そう思ったんですよ

柴:ちょっと言ってる意味が全く分からないんだけど…

山:なんでだよ。人がまじな話してんのに。ちゃんと聞いてた?

柴:聞いてたけどさ,「これからはちゃんと数の子のつぶつぶと向き合って生きていこうと思った」って言われても…意味分かんないよねぇ

山:だから…,数の子はあの塊で一つなのではなく,あのつぶつぶ一つぶ一つぶが数の子なんだよ

柴:知ってるよそんなこと

山:「その事実を直視しないといけない」って言ってるの

柴:どうでもよくない?それ

山:なんでそうやって数の子を軽視するような発言をするの

柴:別に軽視してないだろ。「数の子のつぶつぶの数を数えても意味ないでしょ」って言ってんの

山:そうやって物事になんでも意味を求めるようになったら人間として終わりだからね。柴田さんはもっと義理人情を大切にした方がいい

柴:義理人情関係ないだろ。数の子のつぶつぶの数数えるのに

山:そこにつぶつぶがあればそれを数える,それが人情ってもんでしょうが

柴:さっきから何言ってんの?そんなこと言い出したらタラコのつぶつぶの数だって数えなきゃいけなくなるからね

山:タラコはいいんだよ

柴:なんでだよ。どう違うんだよ。どっちもつぶつぶだろ。つぶつぶ差別するなよ。人情って言うんだったらよぉ

山:たらこはタラの子どもだからいいんだよ。数の子は「数」の子どもだからね

柴:数の子はニシンの子どもだよ

山:そこなんだよ

柴:なんだよそこって

山:つまり数の子は,ニシンの子どもであるにもかかわらず,わざわざ「数」の子って名乗ってるってことでしょ

柴:別に数の子本人が本人の意思で「数の子」って名乗ってるわけじゃないけどね

山:ニシンの子どもなんだから本当は「ニシンの子」って名乗りたいじゃないですか。それなのにわざわざ「数」の子って名乗ってるんですよ

柴:数の子とニシンの間に何があったんだよ

山:そんな数の子の複雑な乙女心が分からないんですか?

柴:全く分かんないよ。で,なんで数の子は乙女なんだよ

山:とにかく,数の子がわざわざ「数」の子どもと名乗っているにもかかわらず,その数も数えずに数の子を食べるなんて数の子に対して失礼だって言ってるんですよ

柴:数の子はそんなふうに思ってないと思うけどねぇ

山:なんでそうやってつぶつぶに対して無頓着なんですか?もっとこういうつぶつぶ問題に真摯に向き合ってよ

柴:「こういうつぶつぶ問題」ってなんだよ。数の子以外にもなんかあんのかよ

山:例えば,つぶつぶオレンジのつぶつぶとかね…

柴:オレンジジュースの中に入ってるオレンジのつぶつぶ?

山:あれもそろそろ数える時期に来てるよね

柴:その「そろそろ」っていう意味が全然分からないけど…だったらもう数えたらいいじゃん。つぶつぶオレンジのつぶつぶの数も数えればいいし,ついでにコーンポタージュのコーンの数も数えたらいいんじゃないの?

山:コーンは数えなくていいんだよ

柴:だからどう違うんだよ。違いが分からないんだよ

山:だからさっきも言ったように,数の子は「数」の子っていう名前でしょ。つぶつぶオレンジも名前からして「つぶつぶ」が強調されてるんですよ。ところが,「コーンポタージュ」という名前は,特につぶとか数を強調した名前じゃないでしょ

柴:だからなんなんだよ

山:だから…,つぶつぶオレンジのつぶたちは「僕たちの数を数えてくれ!」って思ってるけど,コーンポタージュのコーンたちは「僕たちの数を数えてくれ!」とは思ってないってことですよ

柴:言ってる意味が全然分かんない

山:なんで分かんないの?

柴:つぶたちが「数えてくれって思ってる」って言われてもピンとくるわけがないよね

山:だから…名前を見ればわかるでしょって言ってんの。数の子もつぶつぶオレンジもつぶや数を強調した名前でしょ

柴:そこまではかろうじて分かるんだよ

山:そこまで分かるんならあとは簡単でしょ。つぶや数を強調した名前だってことは,つぶたちが「僕たちの数を数えてくれ!」って思ってるってことでしょうが

柴:だからその「つぶたちが僕たちの数を数えてくれって思ってる」っていうのが分かんないの

山:なんで分かんないかなぁ〜

柴:なんでつぶたちは「僕たちの数を数えてくれ」って思ってるんだよ

山:そんなことも分かんないの?

柴:分かるわけがないよねぇ

山:これだから感情移入できない人は困るんだよ

柴:何に感情移入すればいいんだよ

山:つぶつぶに対してに決まってるでしょ

柴:つぶつぶに感情なんてないからね

山:あ〜柴田さん今一番言っちゃいけないこと言っちゃった…

柴:何がいけないんだよ。ないですよねぇ…つぶつぶに感情なんて

山:ありますよ

柴:だったらどんな感情があるんだよ

山:「飲む前によ~く振ってほしいなぁ〜」っていう感情でしょうがぁ

柴:何?それはつぶつぶオレンジの感情こと言ってんの?

山:そうですよ。よく振らないで飲むとつぶつぶオレンジのつぶつぶが最後にたくさん缶の底に残っちゃうでしょ。つぶつぶオレンジの人生の中で一番悲しい出来事でしょうが

柴:「つぶつぶオレンジの人生」ってなんだよ。それだったらコーンポタージュのコーンたちだって「飲む前によ~く振ってほしいなぁ〜」って思ってるからね

山:コーンはそんなこと思ってないです

柴:なんでだよ。コーンポタージュのコーンだってよく振らないで飲むと缶の底に残っちゃうだろ。コーンポタージュの人生の中で一番悲しい出来事じゃないのかよ

山:ほんと柴田さんはつぶつぶの気持ちが分かってない。デリカシーがない

柴:「分かるわけがない」って言ってんだろつぶつぶの気持ちなんて。デリカシーとか関係ないからね

山:コーンは「僕たちのことはそっとしておいてほしい」って思ってるんですよ

柴:何で分かるんだよ,コーンの気持ち

山:そんなのコーンの性格考えれば分かるでしょ

柴:なんだよコーンの性格って

山:あの沈殿してる感じを見れば分かるでしょ性格が

柴:確かにコーンはいつも缶の底に沈殿してるけどさぁ,別にあれ性格とかじゃないでしょ

山:「そっとしておいてほしい」ってことでしょうがぁ

柴:だったらつぶつぶオレンジのつぶつぶだって普段は沈殿しるからね。「そっとしておいてほしい」って思ってるんじゃないの?

山:だから…つぶつぶオレンジは「つぶつぶオレンジ」と名乗ることによって自分たちのつぶつぶをアピールしてんの。自らつぶつぶをアピールしておきながら「そっとしておいてほしい」なんてあり得ないからね

柴:だったらとにかく数えればいいだろ,つぶつぶの数を

山:柴田さんに言われなくても数えますよ。問題は柴田さんですよ

柴:俺?

山:ちゃんと数える気あります?

柴:だから「ない」って言ってんだろさっきから。なんでつぶつぶの数を数えなきゃいけなんだよ

山:数の子のつぶつぶの数を数えようとしている相方の健気な姿を見て放っておけるんですか柴田さんは

柴:どこが健気なんだよ。心配ではあるけどね相方として。「頭おかしくなったんじゃないかな」って。数の子のつぶつぶの数なんか数えはじめてさぁ

山:何でそうやって「つぶつぶつぶつぶ」文句言うの?

柴:「ぶつぶつ」だよねぇ。「つぶつぶ」文句なんて言ってないからね

山:だったら「ぶつぶつ」の数なら数えてくれるんですね?

柴:嫌だよ。「ぶつぶつ」の数も「つぶつぶ」数も数えねぇよ

山:そこを何とかお願いします。つぶつぶオレンジのつぶつぶの部分だけおごるからお願いします

柴:いらねぇよ,つぶつぶオレンジのつぶつぶの部分だけなんてよぉ

山:じゃあそのつぶつぶにオレンジジュース混ぜますからお願います

柴:元の状態に戻すってことだろ

山:元の状態に戻しますからお願いします

柴:もう分かったよ。お前が数えるの手伝えばいいんだろ?

山:あざーす!じゃあ手始めに数の子のつぶつぶからいこうか

柴:え?いきなり数の子?

山:何?いきなりって?

柴:俺初心者だからさぁ,もうちょっと簡単なのから始めて,慣れてきたら数の子にも挑戦するみたいなかんじのほうがよくない?

山:あ~確かに数の子は上級者向けだからね。じゃあつぶつぶオレンジのつぶつぶから数えたほうがいいかな?

柴:いや…できれば最初はさぁ,コーンポタージュのコーンくらいがいいんじゃない?

山:いやいやいやいや…コーンは無理だよ

柴:なんでだよ。コーンは「そっとしておいてほしい」と思ってるから?

山:それもあるけどね,あれを数えるのは至難の業だから

柴:いやいや…あれくらいなら簡単に数えられるだろ,初心者の俺でも

山:初心者がやると絶対腰痛めるからやめたほうがいいって

柴:痛めるわけないだろ,あんな軽いもん数えるのに

山:言っておきますけど,コーンっていうのはトウモロコシですよ!

柴:知ってるよそんなこと

山:だったら分かるでしょ,腰痛めるって

柴:何でトウモロコシだと腰痛めるんだよ

山:もろ腰(モロコシ)にくる

 

 

これはフリーの漫才台本ではありません。すでに販売済みの台本です。何らかの形で使用したい場合は購入者の許可が必要ですので,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ