藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

漫才の「古典落語化」を目指しています。「同じ台本を様々な演者がそれぞれの個性を活かして演じることで,元ネタもどんどん成長していく」という古典落語の素晴らしいシステムを,漫才にも取り入れられないかと考えています。もちろんこれは,「漫才というものすべてを古典化した方がいい」という意味ではなく,「漫才の一つのジャンルとして『古典漫才』というものを確立したい」という意味です。

それには,自由に使えるフリー台本をできるだけたくさん公開し,できるだけ多くの方に演じていただくのが一番の近道ではないか思い,台本を公開しています。今後もどんどん追加していくつもりです。または,同じ台本を何組かのコンビで当て書きさせていただき,「古典漫才」のイメージを表現したいとも思っています。

漫才は,台本をただそのまま演じてもあまりおもしろくありません。それぞれの個性が活きる形に台本をアレンジして演じないと,「生きた漫才」にはならないからです。いくらでも自由にアレンジして演じていただきたいと思っています。元ネタの原型が分からないくらい自分のものにして演じていただくのが理想です。

 

「古典漫才」を一つのジャンルとして確立するためには,演じてくださる方をとにかく増やすしかないと思います。プロ・アマ問わず,演じてくださる方が少しずつ増えていけば,結果として一つのジャンルになっていくと思います。ですから,漫才未経験の方でもまずは気軽に漫才をやってみてほしいと思っています。

また,「古典漫才」に興味がある方を探すために,ツイッターにて「漫才師リスト」を作り,「漫才をしたことがある人はみな漫才師」というコンセプトで,漫才経験者のみなさんを追加させていただいています。良かったらリストもご覧ください。

 

「古典漫才」に興味がある方は,ぜひご連絡ください。

FujisawaTrio@gmail.com

Twitter

Facebook

  

台本のご依頼は ココナラ から

 

「すでに公開してある台本を別の漫才師の当て書きで読みたい」「この漫才師でこういう漫才が見たい」というリクエストがありましたら,コメントにてお伝えください。ただし,関西弁がしゃべれないため,関西系のコンビの漫才は書けない場合があります。ご了承ください。

 

フリーの漫才作家・藤澤俊輔