藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

漫才コラム

一番好きな漫才師は?

お題「一番好きな漫才師は?」 わたしが一番好きな漫才師は,「夢路いとし・喜味こいし」のお二人です。二人とももうお亡くなりになられているので,若い方はご存じないかもしれませんが… 最近の漫才とは違い,当時の漫才は全体的に「話の筋があって最後にしっ…

西野亮廣さん,やっと「漫才ビジネス」を始める!?

AbemaTVの「エゴサーチTV」という番組で,キングコングの西野亮廣さんが「漫才作家を蘇らせたい」という話をしておられました。 漫才作家が漫才を書くシステムが好き。昔は漫才をやるときに「作・〜」と作家の名前が出ていた。あれで救われた作家さんもいたと思う…

「古典漫才」を成立させるのはアマチュア漫才師なのかもしれない…

わたしがよく言う「古典漫才」というのは,単なる「昔の漫才」のことではなく,古典落語のように「同じネタをいろいろな方が演じてネタを成長させながら保存する」という素晴らしシステムのことです。 現在の漫才の世界では,ネタを共有するということはめったにあ…

ボクの妻と結婚してください。

「こういうときふつうはサッカーを見るんだろうな…」と思いながら,普段ほとんど見ることのない映画を見ました。 サッカーは大好きで,フットサルなら自分でもやるし,ワールドカップもNHKの素晴らしいアプリの「戦術カメラ」を使い,念願の縦画面で見ています。…

もしもいい相方と巡り会えたなら…

もう何年も前になりますが,地元の温泉施設にかなりりっぱなステージがあり,そこで漫才をしていました。と言っても,温泉での漫才は結局何回かしかできず,事情があり相方は引っ越してしまい,あれ以来漫才はしていません。 その後も漫才作家としては細々と…

漫才なんでも相談室 [レターポット使えます]

レターポットが使えるサービスを何かやってみたいと思い,元漫才師で現在漫才作家のわたしにできそうな「漫才なんでも相談室」を開設してみました。 レターポットで漫才に関するご相談をお送りください。Messengerにてお返事いたします。 ・結婚式や送別会など…

レターポットによって漫才作家だけで食べていける可能性が…

キングコングの西野亮廣さんがリリースした新仮想通貨「レターポット」を上手に活用すれば,漫才作家だけで食べていける可能性があるように思います。 レターポットは文字がお金になっているので,フリー台本を使っていただいた方や読んでいただいた方やその他…

M-1グランプリ2017で「何回も見たい」と思ったネタ

それは,ジャルジャルのあの漫才です。 あれは,単調なようでいて何回見ても笑えるネタだと思います。そんな漫才はそうそうありません。あれはすごいネタだと思います。 最初は「よく意味が分からない」という評価をされる危険があり,むしろ2回目3回目に見…

さらば青春の光には「正統派漫才」を目指してほしい

わたしは,漫才もコントも「正統派」が好きです。 最近活躍しているコント師の中で,「最も正統派」で「最もおもしろい」と勝手に持っているのが,さらば青春の光のお二人です。 「正統派とは何か」ということに関してはいろいろと意見があるとは思いますが,コント…

和牛の「へりくつ漫才」の限界

今や和牛の漫才の代名詞といってもいい「へりくつ漫才」。間違いなくおもいしろいのですが,このスタイルのネタはあまり増やしすぎない方がいいと思います。割合でいうなら,多くても5本に1本くらいがいいのではないかと… というのも,ボケの水田さんがへり…

漫才とコント両方できるコンビは?

あくまでもわたしの主観ですが… ●漫才とコントを演じ分けられるコンビ ・おぎやはぎ ・サンドウィッチマン ・タイムマシーン3号 ・藤崎マーケット ・ライセンス ●漫才感が強いコントをするコンビ ・アンタッチャブル ・銀シャリ ・タカアンドトシ ・チュート…

「かつらと文金高島田」が上演されます

「劇団空奏列車」という群馬のアマチュア劇団のみなさんが,「まーやの家の小さな演劇祭」で,「かつらと文金高島田」 「続・かつらと文金高島田」 「かつらと文金高島田 THE FINAL」 の3部作を演劇のひとつの作品として演じてくださいます。上演は9/18です。詳しくは…

銀シャリは売れても絶対に漫才をやめないでください!

M-1優勝後,他の仕事が忙しくなりすぎたりしてあまり漫才をしなくなるコンビがいる一方で,M-1優勝時よりもその後の方が圧倒的に漫才がおもしろくなるコンビもいます。 例えば,ますだおかだはM-1優勝後に,岡田さんがガンガンボケたりすべったりするネタを…

「全国総漫才師化計画」というと大げさですが…

M-1の予選が始まっています。 M-1には,アマチュア漫才師を応援するための「ナイスアマチュア賞」と「ベストアマチュア賞」があって,アマチュアのみなさんの参加を歓迎するムードを作ろうという姿勢が素晴らしいと思います。 M-1の予選に参加した方は,アマチュ…

「立川志の輔」と「柳家喬太郎」

「志の輔さんが好きな人は喬太郎さんも好き」「喬太郎さんが好きな人は志の輔さんも好き」というような話をよく聞きますが,わたしの場合はちょっと違います。 お二人が度々並べて紹介される理由はよく分かりますし,似た印象を持つ方がいるのも分かります。でも…

三四郎の漫才におけるメインは相田さんだと思う

三四郎は,小宮浩信さんが注目されていて,相田周二さんは「三四郎のサブ」とか「じゃない方芸人」などと言われたりもしています。小宮さんの方がバラエティなどで重宝されるというのは分かりますが,三四郎の漫才においてはむしろ相田さんがメインなのではない…

最強の漫才師はプラス・マイナスなのでは?

最近プラス・マイナスの漫才を見ていてよく思うのは,「プラス・マイナスが最強なのでは?」ということです。 プラス・マイナスの兼光タカシさんと岩橋良昌さんは,二人とも,しゃべれて,ボケもツッコミもできて,芸達者。オール阪神・巨人さん以来じゃないで…

盗作疑惑

今さらながらこんなツイートを見つけてしまい… 「【落語台本】靴屋は靴を履かない」読んだ! http://t.co/FwAuAHO8dB ミニシアターの「靴屋の事情」の元ネタ見つけた。っていうかほぼまんまやんけ — 旅好き (@tabisuki0623) June 14, 2015 わたしが書いた落…

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」

漫才の「古典落語化」を目指しています。「同じ台本を様々な演者がそれぞれの個性を活かして演じることで,元ネタもどんどん成長していく」という古典落語の素晴らしいシステムを,漫才にも取り入れられないかと考えています。もちろんこれは,「漫才というものす…

【5/28】三遊亭こうもりさんが演じてくださいます!

今年のR-1ぐらんぷりで決勝大会出場を果たした三遊亭こうもりさん。以前は「末高斗夢」という名前で駄洒落ネタをやっておられました。 わたしが好きな斗夢さんの駄洒落は,炊飯器を5つつなげて「ゴレンジャー(5連ジャー)」 ただ「ゴレンジャー」というためだけに炊…

話の筋とオチがしっかりとした漫才をもう一つの主流へ!

最近の漫才の主流は「爆笑をとる」というものです。多くの漫才師がこの流れに合わせて,短い時間で爆笑をとろうとしてボケやギャグの数を増やす傾向があります。それ自体が悪いというわけではありませんし,「笑いの瞬発力」を高めるための良い訓練にもなるとも…

いわゆる「お笑い」と「落語」の中間あたりの「笑い」が好きな方いませんか?

いわゆる「お笑い」と「落語」の中間あたりの「笑い」とは,「爆笑」以上に話の流れや話術やオチなどを重視する「笑い」です。わたしはこういう「笑い」が大好きです。人によってはこのような「笑い」は全然おもしろくないと感じるようですが… もちろん一番いいのは,「話の…

素の二人の関係に戻ったハマカーン

エキサイトニュースにハマカーンのロングインタビューが載っていました。 ハマカーンは去年からスタイルを変えてきたと思っていましたが,インタビューによると,「変えた」というより,「素の二人の関係に戻った」,そういうかんじのようです。 わたしも,素の…

品川庄司の漫才がおもしろかった!

先日放送された検索ちゃんのネタ祭りにて,品川庄司の漫才,久しぶりに見ました! 漫才後,爆笑問題の田中さんが「おなじみの品庄の漫才ですからね,これね。導入のところね。このパターンね。でも全然違うものになってますよ」と言っていました。 この日のネ…

年をとっても漫才やめないで!スーパーマラドーナ

THE MANZAI 2012 の話題,もう飽きましたか?わたしはまだまだ余韻にひたっておりまして,珍しく毎日ブログを書いています。 今日はスーパーマラドーナについて スーパーマラドーナの漫才,すごく良かった! 漫才師の一生を描く漫才,特に,年を取り,師匠に…

笑い飯はしゃべくりで勝負してほしかった…

THE MANZAI 2012 笑い飯のネタ,覚えていますか? わたしの正直な感想は…なんで歌ネタを選んだんだろう…です。 笑い飯といえば元々Wボケというスタイルで注目されたコンビですが,ただボケを披露し合うだけのコンビではなく,どちらも,ボケもツッコミもかな…

トレンディエンジェルは意外と正統派?

THE MANZAI 2012 今年は正統派のしゃべくり漫才が少なかった… 新しさを求める風潮のせいなのか,新しいスタイルを模索せざるをえないのか,正統派しゃべくり漫才をやるコンビが少なくとも今大会の決勝では少なかった… そんな中トレンディエンジェルの漫才は…

磁石くん,やめたらあかん!

「磁石くん,やめたらあかん!」 これは,THE MANZAI 2012 の審査員,オール巨人さんのコメントです。「磁石くん」って…と思いながらも,「巨人さんいいこと言うなぁ~」と感動。磁石のお二人は嬉しかっただろうなぁ~ というのも,磁石には解散の話があり,やめる…

アルコ&ピースのネタは漫才なのかという問題の答え?

THE MANZAI 2012での「アルコ&ピースのネタは漫才なの?」という疑問がTwitterなどでかなりつぶやかれています。 答えというか,正解はないとは思いますが,漫才好きのわたしとしては,今のところあのネタは漫才ではないと思います。漫才自体も絶えず変化して…

ハマカーンはさらにスタイルを変えていた!

THE MANZAI 2012 ハマカーン 優勝おめでとうございます! 最近ハマカーンの漫才をチェックしていなかったのですが,またスタイル変えたんですね。今回はマイナーチェンジというかんじでしょうか… 浜谷さんのキレ漫才がかなり浸透していましたが,あのスタイ…