藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

12/10 「靴屋は靴を履かない」が上演されます。

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

新潟県妙高市の「劇団空志童」のみなさんが,わたしが書いた「靴屋は靴を履かない」という漫才台本を,演劇にして演じてくださいます。

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/24634400b3226805ab6eb1fe9e1b80b6/5BE6C6C1/t51.2885-15/e35/14596820_1778616649055471_5046256006347096064_n.jpg

ポスターの全貌はこちらのブログから

2016.12.10(土) 14:00~ / 18:30~ 妙高市文化ホール (新潟県)

 

この台本は元々漫才用に書いたもので,その後落語版の台本も書いてネットにアップしていました。それを「劇団空志童」の方が見つけてくださりオファーをいただきました(ちなみに落語版台本はとある噺家さんが購入してくださり,「演劇で演じたい」との話にも快く応じてくださいました。ありがとうございます)

新潟に見に行けず残念ですが,演劇にしたらどんなかんじになっているのか,ぜひ見てみたいです。「今後もいろいろな場所で演じてくださる」とのことでしたので…いつか!

 

ちなみに先週12/4(日) には,第3回 高田世界館演劇祭でも上演されたようです。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から