藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ステーキ食べたい

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

まさお:誰かのうちに食事に呼んでもらうことってあんだろ?

龍一:あ~たまにあるな

まさお:その時にさ,どうすればステーキを出してもらえるのかってのをずっと考えてるんだけどよぉ,どうにも答えがみつからねぇ

龍一:お前はほんとにどうでもいいことばっか考えてやがんな

まさお:だってよぉ,金持ちの幸せそうな奴らはみんなステーキ食ってんだろ?

龍一:みんなってことはねぇだろ。ステーキ食ってるからって幸せなわけじゃねぇんだ

まさお:ステーキ食ってる奴は幸せだろ。「ステーキは幸せの塊だ」って誰かが言ってたぞ

龍一:なんだそれ。ことわざか?

まさお:それによぉ, 生まれてこの方たったの一度も人んち行ってステーキ出してもらったことねぇんだよ。俺みんなに嫌われてんじゃねぇのかと思ってよぉ

龍一:そりゃあ当然だろ

まさお:なんだよ当然って。俺そんなに嫌われてんのか?

龍一:そうじゃねぇ。当然ってのは,自分ちに食事に呼んでな,そこでステーキ出す家なんてそうそうないって言ってんだ。まぁ~ステーキ出す家といえば,この界隈ではうちくらいなもんだろ

まさお:え?龍さんちステーキ出してくれんのか?

龍一:うちのホームパーティーのメニューはステーキって決まってんだ

まさお:ってことは?今週末龍さんちで開かれる ホームパーティーのメニューは?

龍一:ステーキだ

まさお:そりゃあすげぇな。今からもうテンション上がってきた!

龍一:そんなにステーキ食いてぇのか?

まさお:食いたいねぇ〜。自分ちじゃなくて人んちでステーキ食いたい

龍一:どういう感覚なんだそれは

まさお:それなのに誰も出してくれねぇ

龍一:普通は人呼んだ時にステーキなんて出さねぇんだ。どうしても人んちでステーキを食いてぇんなら,「今度うちに来た時何食べたい?」とかなんとか聞かれることあんだろ?そんときにはっきりと「ステーキ食べたい」って言うしかないだろうな

まさお:言えるかよ,「ステーキ食べたい」なんて

龍一:でもどうしても食いてぇんだろ?人んちで

まさお:どうしても食いてぇ。人んちで

龍一:だったらはっきり言うしかないだろ。そうじゃねぇと俺んち以外では誰もステーキなんて出してくれねぇよ

まさお:そうだけどよぉ,「ステーキ食べたい」なんて言えねぇだろ

龍一:お前なぁ,言えねぇけどステーキは出してほしいなんてそんな虫のいい話があるか。お前がどうしても「言えねぇ」っていうんだったら,今度のホームパーティーの時もお前だけはステーキお預けだ

まさお:なんでだよ。そりゃあねぇだろ龍さん。俺の幸せを奪う気かよ

龍一:お前はなんでそうやってすぐに「ステーキ」と「幸せ」を結びつけたがんだ。まぁいい。じゃあ「ステーキ食べたい」って言ってみろ。ちゃんと言えたらステーキやるから

まさお:だから…言えねぇんだって…

龍一:「言えねぇ」ってことはねぇだろ。今度のホームパーティー,何食べたい?

まさお:ス…ス…ステ…ステ…

龍一:……。「言えねぇ」ってそんなに言えねぇのか。「ステーキ」さえも言えなくなってんだろ

まさお:だから「言えねぇ」って言ったろ

龍一:「言えねぇ」ってのは,恥ずかしくて言えねぇとか,遠慮して言えねぇとか,そういうことじゃねぇのかよ

まさお:恥ずかしさも遠慮もあるけどよぉ,それよりとにかく緊張しすぎて「ステーキ」って単語さえうまく発音できなくなんだ

龍一:今お前「ステーキ」って言えたろ

まさお:今は言えるよ

龍一:どういうことだよ。「ステーキ食べたい」って言ってみろ

まさお:ステーキ食べたい

龍一:言えんじゃねぇか

まさお:言えるよ

龍一:だったら言えよ

まさお:正式に聞かれると,緊張して言えねぇんだ

龍一:なんだよ,正式に聞かれるとって

まさお:だから,「何を食べたいか」って正式に聞かれると言えねぇんだよ

龍一:なんなんだそれ。そんなのあんのか。あ~あれか?あがり症ってやつか?

まさお:なんだそれ?

龍一:緊張しすぎて普通じゃいられなくなる病気みたいなもんだ

まさお:「ステーキ食べたい」って言えなくなる病気ってことか?

龍一:お前今は「ステーキ食べたい」って言えてんだよ

まさお:だから普段は言えんだよ。「ステーキ食べたい」って

龍一:お前今度のホームパーティーで何食べたい?

まさお:ス…ス…ステ…ステ…

龍一:なんでそうなる?

まさお:だから緊張すんだって,「何食べたい?」って聞かれると

龍一:どうしても「ステーキ食べたい」って言えねぇのか

まさお:言えねぇよ,「ステーキ食べたい」なんて

龍一:今は言えてんだよ,「ステーキ食べたい」って

まさお:正式に聞かれると言えねぇんだって

龍一:お前今度のホームパーティーで何食べたい?

まさお:ス…ス…ステ…ステ…

龍一:どうなってんだこれ。仕組みがよく分からねぇ。なんなんだよ正式って

まさお:仕組みは俺もよく分かんねぇけど,とにかく言えねぇんだよ

龍一:お前なぁ,「ステーキ食べたい」って言えねぇんだったら,おかゆだぞ

まさお:おかゆ?なんだよおかゆって?

龍一:おかゆってのはな,米に多めに水入れてやわらかく煮た食べ物だ。風邪の時とかによく食うあれだ

まさお:おかゆは知ってんだよ。「『ステーキ食べたい』って言えなかったらおかゆだ」ってのはどういうことだって聞いてんだ

龍一:お前さんが何食べたいか聞かれた時に「ステーキ食べたい」って言えないんだったら,誰かの家に呼ばれた時に出てくるメニューは決まっておかゆのみだって言ってんだ

まさお:そんな馬鹿な話があるか。何食べたいか聞かれて「ステーキ食べたい」って言えなかったら普通は普通のメニューが出てくるだろ

龍一:普通はな

まさお:なんだよ「普通はな」って

龍一:普通なら普通のメニューが出てくるんだろうが,何食べたいか聞かれて「ステーキ食べたい」って言えないんだったら,俺がみんなに「まさおは実はおかゆが大好物だから,家に呼んだ時には必ずおかゆを出してやってくれ」って言いふらして回るから,誰かの家に呼ばれた時には決まっておかゆが出てくる

まさお:やめてくれよ龍さん。余計なことすんなよ

龍一:お前が「ステーキ食べたい」って言えないからだろ

まさお:「ステーキ食べたい」って言えないのがそんなに悪いことなのかよ

龍一:今は言えてんだよ,「ステーキ食べたい」って

まさお:だから正式に聞かれると…

龍一:克服させてやりてぇんだよ俺は

まさお:え?

龍一:お前さんのあがり症を治してやりてぇ

まさお:龍さ~ん

龍一:それとな,この際だから言うぞ

まさお:なんだよ,改まって

龍一:前々から言おう言おうと思いながらなかなか言えなかったんだが,お前は日頃からおかゆのことを馬鹿にしている節がある

まさお:おかゆを?俺が?何言ってんだよ,俺はおかゆを馬鹿にしたことなんて一度もねぇよ。風邪ひいた時にはお世話になってるしよぉ

龍一:だったら聞くが,誰かの家に呼ばれて,メニューが本当におかゆのみだったらどうする?

まさお:どうするって…,いただきますよ

龍一:喜んでか?

まさお:喜んで?まぁ…喜んでっていうか…普通に?

龍一:テンションは?

まさお:テンション?

龍一:おかゆを食う時のテンションだ

まさお:おかゆを食う時のテンション?まぁ…テンションはちょっと低めかもしれねぇけど…

龍一:ほらみろ。やっぱりお前はおかゆを馬鹿にしてる

まさお:馬鹿にはしてねぇって。だってメニューがおかゆのみだぞ。誰だってテンション下がるだろ

龍一:下がるもんか。むしろ上がるだろ

まさお:龍さんテンション上がんのか?おかゆのみでだぞ?すげぇな

龍一:俺はおかゆを心から愛してんだ

まさお:おかゆを愛するとかあんのかよ

龍一:お前さんは知らねぇと思うが,おかゆってのはなぁ,人の心の内を見透かすそれはそれはありがたい食べ物なんだよ

 

※続きはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの落語台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から