「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

靴屋は靴を履かない

客:すみませ〜ん

靴屋:はい〜。いらっしゃいま…あれ?どうしたんです?

客:え?何がですか?

靴屋:いや,何しに来られたのかと思いまして…

客:何しにって……,靴を買いに来たに決まってるじゃないですか

靴屋:え?そうなんですか?

客:当たり前でしょ,靴屋に来たんですから

靴屋:いやでもお客さん靴履いてるから

客:え?履いてますよ,そりゃあ

靴屋:(笑)だったら靴いらないじゃないですかぁ〜

客:何を言ってるんですか?

靴屋:いやだって…,靴を履いてない人が靴を買いに来るんなら分かりますけど,靴を履いてる人が靴を買いに来るなんてねぇ〜。そんな話聞いたことあります?

客:普通みんな靴履いて靴買いに靴屋に来るでしょ!

靴屋:二足目ってことですか?

客:何足目かは知らないですよ。それは人それぞれなんですから

靴屋:そうなんですか?

客:そうですよ

靴屋:じゃあお客さんもしかして,今日は靴を買いに来てくださったんですか?

客:だからそう言ってるじゃないですかっ!

靴屋:いやぁ〜そうでしたかぁ〜。それは奇遇ですねぇ〜

客:何がです?

靴屋:いやぁわたしも今ね,丁度「靴を売りたいなぁ〜」って思ってたところなんですよ

客:……。あのねぇ…,そういうこと,あんまり客に言わないほうがいいですよ

靴屋:え?なんでです?わたしは「靴を売りたいなぁ〜」って思ったから,靴屋になったんですよ

客:分かってますから,言わなくてもそれは

靴屋:そうなんですか?お見通しってことですか?

客:よく分かんないですけど…,それとね…

靴屋:はい,なんでしょう

客:ご主人,なんで靴履いてないんですか?

靴屋:え?何がです?

客:だから,ご主人靴屋なのに,なんで裸足なんですか?

靴屋:なんで裸足かって?

客:えぇ,なんでなんです?

靴屋:お客さ〜ん,わたしを誰だと思ってるんです?

客:誰って…

靴屋:靴屋ですよ

客:分かってますよ

靴屋:いや,分かってない。分かってないから,そういうこと聞くんですよ

客:どういうことです?

靴屋:靴屋に向かってなんで裸足なのかって聞くなんておかしいでしょ。いいですか,靴屋っていうのは,靴を売る人のことを言うんですよ

客:知ってますよ

靴屋:つまり,靴を売る側の人間ってことです

客:だから分かってますって

靴屋:靴を売る側の人間は靴を履かない。当然のことでしょう

客:いや,別に靴を「履く側の人間」と「売る側の人間」って分かれてないでしょ

靴屋:何を言ってるんですか。例えばね,お客さん,寿司屋に行ったことあります?

客:ありますよ,そりゃあ

靴屋:寿司屋に行くと,寿司を「握る側の人間」と「食べる側の人間」っていうのがいるでしょ。寿司を握る側の人間,つまり板前さんがもし寿司を食べながら寿司を握っていたらどうです?嫌でしょ。嫌じゃないですか?

客:そりゃ嫌ですよ

靴屋:同じことですよ

客:……

靴屋:寿司を握る側の人間が,寿司を食べながら寿司を握っていたらお客さんは嫌な思いをする。だったら,靴を売る側の人間が,靴を履きながら靴を売っていたらきっとお客さんは嫌な思いをするだろうと思いましてね,わたしはいつも裸足で靴を売っている,というわけなんです

客:裸足で靴を売ってる方が気になると思いますけどねぇ…

靴屋:え?なんです?

客:いや別に…。じゃあご主人は,靴を売る時だけ裸足になるってことですか?

靴屋:どういうことです?

客:だから,普段は靴を履いてるんでしょ

靴屋:いや,履いてないです

客:履いてない?

靴屋:はい。わたしは裸足ですね

客:裸足!?

靴屋:えぇ,わたしはいつでも裸足です

客:いつでもって,どこかに出かけるときも裸足で出かけるんですか?

靴屋:えぇ,どこへ行くにもわたしは裸足ですね

客:なんで?

靴屋:なんでって,裸足のほうが気持ちいいでしょ

客:まぁ…そうですかねぇ…

靴屋:靴なんて履いてたら蒸れたりなんかしてねぇ,嫌ですからね

客:じゃあなんで靴屋やってるんですか?

靴屋:それは「靴を売りたいなぁ〜」って思ったから…

客:そういうことじゃなくて,「自分は靴を履くのが好きじゃないのになんで靴を売る仕事を始めたんですか?」って聞いてるんですよ

靴屋:あぁ,それは世のため人のために決まってるじゃないですか!

客:世のため人のため?

靴屋:そうですよ。わたしは靴を履くのは好きじゃないですけどね,普通の人は好きなんでしょ,靴履くの

客:まぁ,好きっていうかねぇ〜,ないと困りますよ

靴屋:でしょ!だからわたしは,ぜひ皆様のお役に立ちたいという思いで,靴屋を始めたんですよ

客:あぁ,そうなんですか…

靴屋:えぇ,そうですよ

客:それなりの志を持ってやっているってことですか…

靴屋:当たり前じゃないですか!…そんなことよりねぇ,お客さん, 丁度いいところに来てくれましたよ

客:え?なんですか?今日,安売りとかやってるんですか?

靴屋:いや,わたし今ね,丁度「靴を売りたいなぁ〜」って…

客:思ってたところなんでしょ

靴屋:なんで知ってるんです?

客:それさっきも聞きましたからね

靴屋:わたしはねぇ,「靴を売りたいなぁ〜」って…

客:思ったから,靴屋になったんですよねぇ

靴屋:それも知ってるんですか?なんでもお見通しなんですねぇ〜

客:……

靴屋:でも,お客さんだって,丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思ったから,今日こうしてうちの店に来てくれたんでしょ

客:まぁ,靴屋に来る人は大抵「靴を買いたいなぁ〜」って思った時に,靴屋に行きますからね

靴屋:わたしが今丁度「靴を売りたいなぁ〜」と思っていたところに,丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思っているお客さんがやって来た。こういうのを「運命的な出会い」って言うんですよね

客:……。こういうのを…「買い物」って言うんですよ

靴屋:買い物?「運命的な出会い」って言うんじゃ…

客:あのねぇ,全然運命的な出会いじゃないですし,それにそんなことどうでもいいんですよ。こっちは靴を見たいんですから

靴屋:あぁ,そうですね。お客さん,今丁度「靴を買いたいなぁ〜」って思ってるんですもんね

客:だから早く靴を…

靴屋:分かってますって。そんなに焦らなくても靴は逃げたりしませんから。靴っていうのは意外にも,そこに足を入れない限り,自分で歩いてどっかに行っちゃったりはしないんですよ

客:知ってますよ!早く靴を…

靴屋:はいはい。で,今日はどんな靴をお探しですか?

客:あぁ,今日はねぇ,革靴が欲しいなぁと思いましてね

靴屋:革靴ですか。じゃあ,何革にするのかはもうお決まりですか?

客:え?何革?

靴屋:えぇ,そうです。もう決まってます?

客:何の革にするのかっていうのは,前もって決めてくるものなんですか?

靴屋:そうですねぇ。まぁ,最低でも,何革にするのかくらいは,家で決めてから来ますよ,普通

客:家で決めてから来ます?

靴屋:えぇ…。あれ?お客さん,もしかして初めてですか?

客:初めて?

靴屋:えぇ,初めてじゃないんですか?

客:何がです?

靴屋:いや,意外に靴のことあまり知らないみたいなんでね,靴を買うの初めてなのかなぁって

客:そんなわけないでしょ。靴履いてるでしょ

靴屋:あぁ,そういえばそうでしたね。靴買うの初めてだったら裸足で買いに来ますもんね

客:……。裸足で靴屋に来る人なんているんですか?

靴屋:まぁ〜,滅多にいないですね。同業者くらいでしょうね,裸足で靴屋に来るのは。偵察っていうんですか?

客:みんな靴履いてますからね,靴屋さんだって

靴屋:で,どうします?何革にします?

客:何革って,普通牛革なんじゃないんですか?靴って

靴屋:まぁそうですね

客:じゃあ牛革ですよ

靴屋:ちょっと待ってくださいよ。うちはいろんな革で革靴を作るということにかなりのこだわりを持った靴屋なんですから

客:いろんな革って…どんな革があるんですか?

靴屋:まぁそうですね。ワニ革とかヘビ革なんていうのはもちろんありますけど,今ねぇ,じわじわと人気を集めている革靴があるんですよ

客:へぇ〜,何の革でできた革靴なんですか?

靴屋:みかんの皮でできた革靴です

客:え?なんですって?

靴屋:だから…みかんの皮でできた革靴です

客:みかんの皮でできた革靴?

靴屋:えぇ。みかんの皮のビタミンCが足に染み込んで健康にいいという大変画期的な革靴なんです

客:画期的と言えば画期的ですけど,みかんの皮でできた革靴なんて聞いたことないですよ

靴屋:確かにね,まだあまり知られてませんからね。でもねお客さん,これから絶対はやりますよ!

客:みかんの皮でできた革靴が?

靴屋:えぇ,絶対はやります!

客:そんなの分からないでしょ

靴屋:いいえ,絶対にはやります!

客:なんで言い切れるんですか

靴屋:それがですねぇ,丁度今朝のニュースでね,履いてたんですよ

客:え?誰が?

靴屋:オバマさん

客:オバマさんて,あのアメリカの大統領の?

靴屋:そう!あのアメリカの大統領のオバマさんが,みかんの皮でできた革靴を履いている映像が流れましてね…

客:え?オバマさん,履いてたんですか?みかんの皮でできた革靴を?

靴屋:そうなんですよ!

客:スーツを着て,みかんの皮の革靴を履いてたんですか?

靴屋:私は映像を見てないんでね,詳しいことは分からないんですけど,まぁでもおそらくスーツでしょうねぇ。オバマさんはスーツしか着ないですからねぇ

客:普段は普段着着てるんじゃないんですか?

靴屋:なぁ,母さん,オバマさんが履いてたんだろ?みかんの皮でできた革靴

靴屋の妻:えぇ,履いてましたよ

靴屋:ほらね。で,オバマさんはスーツを着てたの?

靴屋の妻:えぇ,そうですよ

靴屋:ということは,スーツを着て,みかんの皮の革靴を履いてたってことだよなぁ

靴屋の妻:当たり前じゃないですか。オバマさんはスーツしか着ないんだから

靴屋:ほら,オバマさんはスーツしか着ないって

客:それはどうでもいいんですよ

靴屋:まぁそれでね,今朝急遽,みかんの皮の革靴のオバマモデルっていうのを作ったんですよ

客:そんなにすぐ作れるんですか?靴って

靴屋:すぐ作れますよ。みかんの皮をうまいことむいて,靴の形にすればいいだけですからね

客:それはそれですごい技術ですけどねぇ

靴屋:これなんですよ〜

客:あぁ〜

靴屋:どうです?

客:これがオバマモデルですか?

靴屋:えぇ

客:……。意外にかっこいいですねぇ…

靴屋:ね,いいでしょ!

客:ご主人,意外にいい腕持ってるんですねぇ

靴屋:意外って…

客:ただ…,色がねぇ…

靴屋:色?

客:まぁでもみかんの皮だから,当然この色しかないんですよね

靴屋:そうですねぇ…,まぁ基本的には。ただ…,ご希望であれば,オレンジの皮,だいだいの皮,レモンの皮,ゆずの皮,すだちの皮,かぼすの皮,グレープフルーツの皮などなど,どんな皮でもすぐに作れますよ

客:「すぐに作る」っていう才能があるんですねぇ,ご主人は

靴屋:まぁそうですね。ですからお好きな色を選んでいただいて…

客:そうですか……

靴屋:なんか今,はやってるんでしょ。カラーバリエーションっていうんですか?

客:あぁ,はやってますねぇ

靴屋:これからはやっぱり靴もね,カラーバリエーションっていうのが大切だと思うんですよねぇ〜

客:大切だと思いますけど…,カラーバリエーションの幅が狭すぎません?

靴屋:どうします?何色にされます?

客:いや〜,実は……,このカラーバリエーションの中にも,僕が欲しい色がないんですよねぇ…

靴屋:あぁ,そうですか。何色が欲しいんですか?すぐに作りますよ

客:いや,でも,みかんの皮でその色はたぶん無理ですよ

靴屋:いやいや,それは分からないですよ

客:いや,無理ですって

靴屋:とりあえず何色か教えてくださいよ

客:でもねぇ〜

靴屋:どんなご要望にもお答えしたいという意欲だけは誰にも負けませんから!

客:そうですか?

靴屋:はい!

客:じゃあ……白

靴屋:……。白ですかぁ〜

客:やっぱり無理ですよね。みかんの皮のオバマモデルで,しかも白

靴屋:いや,無理ではないんですけどねぇ…

客:え?作れるんですか?

靴屋:作れるって言うか…,実はねぇ…,あるんですよ,すでに

客:あるんですか?

靴屋:えぇ,あるんです

客:じゃあ見せてくださいよ

靴屋:ちょっと待ってくださいね。お〜い,母さん。あれどこにある?

靴屋の妻:あれってなんですか?

靴屋:あの〜,オバマモデルの白

靴屋の妻:オバマモデルの白?

靴屋:そうだよ。おまえ,どっかにしまってたろう

靴屋の妻:オバマモデルに白なんてありましたっけ?

靴屋:ほら,あれだよ。今朝これどうしようかって話してた…

靴屋の妻:あぁ,あれですか

靴屋:そう,あれだよ。あれどこにしまった?

靴屋の妻:どうするんです?あの靴?

靴屋:どうするって,お客様にお見せするんじゃないか

靴屋の妻:え〜!? あれは売り物にならないってあなたも言ってたじゃないですか

靴屋:いいから,お客様がどうしてもオバマモデルの白が欲しいっておしゃっているんだ。とにかく持ってきなさい

靴屋の妻:わかりましたよ。ちょっと待ってください

靴屋:すみませんね。ちょっとうちのが奥にしまい込んじゃったみたいで

客:今奥さん,「あれは売り物にならない」って言ってましたよねぇ

靴屋:いやいや,それはこっちの話ですから

客:わたしにも関係のある話じゃないですか

靴屋:そうなんですか?

客:「そうなんですか?」じゃないですよ

靴屋:まぁとりあえず見るだけ見てくださいよ。ね,見るだけ

客:……。わかりましたよ。とりあえず見ますよ

靴屋:お〜い,まだかい?

靴屋の妻:はい,はい。ありましたよ。これですね

靴屋:おぉ,これだ,これ。オバマモデルの白

客:あぁ,これがオバマモデルの白ですかぁ…

靴屋:ね,白いでしょ

客:確かに白いですねぇ…

靴屋:これねぇ,全くの偶然なんですけど,湿気の多いところに置いておいたらカビがびっしりとはえて,白くなったんですよ

客:偶然じゃないじゃないですか

靴屋:こういうのを「奇跡」って言うんでしょ!

客:そのプラス思考が奇跡ですよ

靴屋:じゃ,お買い上げで

客:買いませんよ

靴屋:え?なんで?

客:なんでって…

靴屋:これ,お客さんがあんなに欲しがっていた,あのオバマモデルの白ですよ!

客:わかってますけど,こんなカビだらけの靴なんていりませんよ

靴屋:そうですか?駄目ですか,カビは

客:駄目に決まってるでしょ!

靴屋:かといって…このカビをきれいに落としてしまったら白くなくなっちゃいますからね。それはそれで駄目なんですよねぇ…

客:まぁ,そうですけど…

靴屋:……。わかりました。ではこうしましょう。白にこだわっているお客さんのために,このカビはこのまま残します。その代わり,今この白のオバマモデルをお買い上げいただきますと,もれなく,餃子の皮でできた白い革靴を差し上げます。これでどうです?

客:いらないですよ,そんな靴

靴屋:え?なんでですか?

客:なんでですかって,カビの靴と餃子の皮の靴でしょ

靴屋:そうです

客:「そうです」じゃないですよ

靴屋:何が駄目なんです?両方とも白の革靴ですよ。しかも,餃子の皮でできた革靴は差し上げるって言ってるんですよ

客:だからそれもいらないんですよ

靴屋:だからなんでです?

客:なんでって…,雨の日とか困るでしょ,餃子の皮でできた革靴なんて

靴屋:え?あぁ……いや,それなら大丈夫ですよ。雨の日に履けば,水餃子になりますから

客:どこが大丈夫なんですか

靴屋:水餃子になれば……,それはそれで役に立つでしょ

客:どう役立つんですか?

靴屋:…まぁ例えば,雨の日に歩いていれば…,小腹がすくこともあるでしょ

客:食べろっていうんですか?足に履いている水餃子を

靴屋:まぁ確かに足に履いてるのでね,衛生面での問題もありますから,わたしの方から食べることをお勧めすることはできませんけれども…。まぁでも,飢え死にするよりは,足に履いている水餃子だってなんだって,食べた方がいいですよねぇ

客:小腹がすいたくらいで飢え死にしたりしませんからね!

靴屋:そうなんですか?

客:「そうなんですか?」じゃないですよ。それにねぇ,そもそもその餃子の皮でできた白い革靴?雨の日に履けば本当に水餃子になるんですか?

靴屋:え?あぁ……そうですねぇ……ごくまれに…

客:ならないですよねぇ

靴屋:ならないですけどぉ〜

客:なんで嘘つくんですか

靴屋:すみません。今丁度「靴を売りたいなぁ〜」と思ってたところだったんでつい…

客:「つい」じゃないですよ。そんなことしたって売れないですからね

靴屋:そうなんですか?

客:だいたいなんなんですか,この店は。変な靴ばっかり作って

靴屋:別に変な靴を作ってるわけじゃないですよ

客:作ってるじゃないですか,変な靴ばっかり。みかんの皮の革靴とか,餃子の皮の革靴とか…

靴屋:いや,それは違います。わたしはお客さんに喜ばれる靴を作りたい一心で,日々ありとあらゆる革を試して靴を作っているんですよ

客:わざと変な靴を作ってるんじゃないんですか?

靴屋:わざと変な靴を作ったりするわけないじゃないですか!

客:そうなんですか?

靴屋:そうですよ。わたしが目指しているのは,健康的で,経済的で,雨にも強くて,履けば履くほど革が丈夫になって,一生履ける革靴,そういう革靴を作りたいと思っているんですよ

客:そんな高い志をもって作ってたんですか?

靴屋:当然の志ですよ。靴屋なんですから

客:でもねぇ,そんなすごい革靴を作るのは無理でしょ

靴屋:無理って言っちゃったら,なんにもできないでしょ!

客:そうですけど,でも無理なものは無理ですよ

靴屋:いや,そんなことはないです

客:いや,無理ですって

靴屋:無理じゃないですよ

客:いや,無理ですよ

靴屋:あるんですよ,実は

客:え?あるって何が?

靴屋:だから,そういう革靴がですよ

客:え?そういうって?

靴屋:だから……,健康的で,経済的で,雨にも強くて,履けば履くほど革が丈夫になって,一生履ける,そういう革靴ですよ

客:え?健康的で,経済的で,雨にも強くて,履けば履くほど革が丈夫になって,一生履ける革靴?そんなのあるんですか!?

靴屋:はい。あるんです

客:だったらそれくださいよ

靴屋:いや〜,これはね,売れないんですよ

客:売れない?

靴屋:えぇ,売れません

客:でもあるんですよねぇ

靴屋:えぇ,あります

客:だったら売れるでしょ

靴屋:いや,売れません

客:なんでです?

靴屋:「なんで」と言われましても…

客:お金なら出しますよ,ちゃんと

靴屋:そういう問題じゃないんです

客:じゃあどういう問題なんですか?

靴屋:いや〜,これはちょっと特殊な革でできた革靴なんでね,……売れないんですよ

客:特殊な革でできた革靴?

靴屋:えぇ,そうなんです

客:特殊な革とか言ってぇ,今度はワンタンの皮とかじゃないでしょうねぇ

靴屋:いえ,違います

客:じゃあ,一体なんの革でできた革靴なんですか?

靴屋:人間の皮でできた革靴です

客:あぁ,裸足ね

 

 

これはフリーの落語台本ではありません。すでに販売済みの台本です。噺家さんの許可をいただき,演劇としても上演されています。何らかの形で使用したい場合は噺家さんの許可が必要ですので,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ