藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

サプライズ

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

当て書き:サンドウィッチマン富澤たけし / 伊達みきお

 

富澤:実は事務所のみんなで話し合って,「伊達ちゃんへの感謝の言葉を書いた色紙とプレゼントを渡そう」ってことになったんですよ

伊達:それ俺に言っちゃっていいの?

富:「サプライズ」って言ってたから,大丈夫じゃない?

伊:だったら駄目だろ。サプライズって分かってんの?渡されても俺もう驚けないよ

富:でもそこは「サプライズ」だから,驚いた方がいいって

伊:無理だろ。お前がすべてをぶち壊してんだよ

富:それに「感謝の言葉を書け」って言われても全然思いつかないんだよね

伊:だからそういうことも俺に言うなよ

富:こういうのって何書けばいいの?

伊:お前バカなの?俺が言ったことをお前が書いてそれを俺がもらって読んでもうれしくないだろ

富:でもお前だって「伊達ちゃんへの感謝の言葉を書け」って言われても困るだろ

伊:あたりまえだろ。俺本人だから。俺伊達ちゃんだから。伊達ちゃんに「伊達ちゃんへの感謝の言葉書け」って頼むこと自体がおかしいからね

富:俺だって同じだよ

伊:同じじゃないわ。お前伊達ちゃんじゃないだろ

富:じゃあお前は「伊達ちゃんへの感謝の言葉を書け」って圧力かけられてないの?

伊:あたりまえだろ。俺は伊達ちゃん本人だって言ってんの。っていうか「圧力」かけられてんの?

富:圧力がすごすぎて胃が痛いんだよね,ストレスで

伊:なんでそんなに嫌なんだよ,俺への感謝の言葉を書くのが。っていうか誰に圧力かけられてんだよ

富:ちょっと何言ってるか分からない

伊:なんでだよ。言えないくらい怖いやつに圧力かけられてんの?

富:そこはサプライズだから

伊:誰に圧力かけられてるかはサプライズなの?なんか怖くない?

富:で,プレゼントは何がいい?

伊:「プレゼントは何がいい」って急に言われても…,まぁ…手作り感あふれたものとかいいよね。世界に一つしかないものとかね…

富:そんなのでいいの?

伊:「そんなの」って…気持ちが込もってていいんじゃないですか

富:それならもうありますよ

伊:なんですか?

富:ネタ

伊:ネタ?漫才の?

富:ネタ帳に書いてあるネタをプレゼントしますよ。手作りのネタ

伊:そりゃ手作りだろうけど…

富:世界に一つしかないですよ

伊:世界で二つ目だったらパクったネタだからね

富:「世界に一つだけのネタ」

伊:スマップみたいなかんじで言うなよ

富:何?不満なの?

伊:不満とかじゃないけど,俺がイメージしてるプレゼントとなんか違ったからさ

富:お金でしょ

伊:なんだよ急に

富:お前がイメージしてるプレゼントだよ。お金がほしいんでしょ?

伊:「お金がほしい」なんて言ってないだろ

富:じゃあお金はほしくないのね

伊:「ほしくない」とも言ってないだろ。「お金がほしい」なんて人前で言うもんじゃないからね。それに俺ほんとに手作り感あふれたものとか好きなのよ

富:じゃあ俺が手作りの何かを作るわ

伊:お前が作るの?相方の手作りっていうのもちょっと気持ち悪いだろ

富:でもお金だよ

伊:偽札だろ,「手作りのお金」って

富:作るのうまいから

伊:うまく作っちゃ駄目なやつだからね,お金は

富:うまくできたやつより手作り感あふれてるほうがいいってこと?

伊:「手作り感あふれたお金」って…バレバレの偽札だろ

富:「世界に一つだけのお金」の方がいいの?

伊:そのお金絶対使えないだろ

 

※続きはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から