藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

華のない花屋

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

当て書き:三四郎相田周二 / 小宮浩信

 

小宮:デートに行く時にさり気なく花束を持っていけるような男になりたいと思ってるんですよ

相田:さらっとそういうことできる男はかっこいいですけどね,あなたみたいに華のない人間がさり気なく花束を持って行ったら気づかれないでしょ

小:気づかれないってなんだよ。気づくだろさり気なく持って行っても。花束派手なんだから

相:花束には気づくよ。でも花束が華やかすぎて,その隣にいる華がなさすぎるにもかかわらずさり気なく立っている小宮の存在に気づかないって言ってんの

小:いやいやいや…,仮に俺が華がなさすぎる人間だったとしてもだよ,花束を持っているのは俺だからね。「あれ?この綺麗な花束持ってるのは誰かな?あっ!小宮さん!」ってことになるだろ

相:そんなにうまいこと気づいてもらえるかねぇ…

小:バカな!花束にしか気づかない人間なんてこの世にいないだろ

相:そもそもお前ほどの華のない人間だと,花屋に行っても花売ってもらえない可能性があるよね

小:なんでだよ。売ってもらえるだろ,金出せば

相:この人こうやってすぐになんでも金で解決しようとするんですよ

小:金で解決って…買い物だろそれが。それが俗に言う買い物だから

相:じゃあちょっと買いに来て

小:え?俺が花屋に買いに行いけばいいの?

相:いつもみたいに「滑舌悪いからほしいものちゃんと買えるかなぁ…」って不安になりながら買いに来て

小:そこまで不安じゃねぇよ。居酒屋でライス頼んだらアイスきたけど。アイス頼んだらライスくるし。まぁいいや。やればいいんだろ。この絶望的な滑舌でもちゃんとほしい花買えるかなぁ〜すみませ〜ん

いらっしゃいま…あれ?どうされました?ここ花屋ですよ

小:なんだよいきなり。分かってますよ。花を買いに来たんですよ

あ〜お葬式のね

小:ふざけ〜デートですよ

デート!? お客さんがデート!? デートだけはやめた方がいいですよ,お客さんは

小:なんでだよ。なんで俺のデートを否定するんだよ

だってお客さん…華がないじゃないですか…

小:華がないからこそ,花を買いに来たんじゃないですか

それだと花が浮かばれないじゃないですか

小:「花が浮かればれない」ってバカしすぎだろ。華がないからこそデートに花束を持って行くんですよ。そうすれば少しは華のある人間になれますからねぇ!

相:華のある人間になりたいってことですか?

小:挑発的なんだよ,言い方が。なりたいよ…華のある人間に

相:でもお客さん,鼻あるじゃないですか?顔の真ん中に

小:鼻はあるよ。鼻じゃなくて華がないの

相:あ~こっちの花ね

小:それは咲いたり枯れたりする花!「華がない」っていうときの「華」はその「花」じゃないから

相:でも鼻あるじゃないですか?顔の真ん中に

小:それは息を吸ったり吐いたりする鼻!「華がない」って言ってんの。なんで俺自分で自分のことこんなに「華がない」って言わなきゃなんないんだよ。だいたい「華がない」って言い出したの店員さんの方ですからね。それに,さっきから人のこと「華がない華がない」って言ってますけどねぇ,店員さんだって言うほど華ないですからね

相:知っていますよ

小:え?自分で気づいてるんですか?

相:当然ですよ。わざとですから

小:わざとって?

相:花屋に華があったら花が映えないから花が売れないじゃないですか。だから私はわざと華がないかんじで花屋をやってるんですよ

小:わざと華がないかんじでやってるんですか!?

相:本来の私はものすごい華のある人間なんですよ

小:そんな出し入れできます?華って。自由自在に

相:花屋ならみんなできますよ

小:そんな話聞いことねぇ。いや…でもイケメンで華がある店員の方がもっと花売れるんじゃないですか?

相:そんなことないですって。お客さんだから言いますけど…,正直,僕なんかよりもお客さんの方がよっぽど花屋に向いてますよ

小:それ悪口ですか?

相:悪口じゃないです。ただ…お客さんが花屋だったら一段と花が映えるだろうなぁって思って…

小:だからそれ悪口だろ。花屋業界特有の

相:私花粉症なんで花屋辞めたいんですよ。代わりにどうですか?

小:俺は花を買いに来たの。お客さんに「仕事代わってくれない」って頼むなんて頭おかしいだろ

相:おじいちゃんの墓参りに行くんでしたっけ?

小:行きませんよ。そんのこと一言も言ってないでしょ

相:言わなくても分かりますって。オーラ出てますから

小:なんのオーラだよ。華がないかわりに墓参りに行きそうなオーラ出ちゃってるのかよ

相:お客さんが墓参り以外で花買うなんて一体何に使うんですか?

小:俺だって墓参り以外の理由で花買うことだってあるだろ。プレゼントですよ

相:あ〜ご先祖様にね

小:墓参り!ご先祖様に花をプレゼントって墓参りだろ。ご先祖様,たぶんご先祖様もみんなから「華がない華がない」って言われてたと思うので,今日は綺麗な菊の花を持ってきましたよ。これで華のあるご先祖様になれますね…って墓参りなんだよ

相:だったら誰にプレゼントするんですか?

小:彼女ですよ。相場は彼女って決まってんの

相:あ〜7年前に亡くなった彼女ね

小:信子,君がいなくなってからもう7年だね。あれから僕はまだ一人だよ。え?それは?俺に華がないからだって?そういえば…お前も俺に負けないくらい華のない女だったよな。菊の花を持ってきたから,今日だけは華のある女だぞ…って墓参り!亡くなった彼女に花をプレゼントって墓参り!

相:じゃあ生きている彼女に花をプレゼントするんですか!?

小:当たり前じゃないですか。生きてますよ

相:かろうじて

小:なんだよかろうじてって。バリバリ生きてるよ。かろうじてだったらお見舞いだろ。「デートに行く」って言ってんの!

相:でも人って突然死にますからねぇ…

小:なんてこと言うんだよ。テンション下がるだろ

相:そのテンションを上げるために花を買うんですね?

小:違うわ。テンションを下げさせたのはお前だから。デートの雰囲気作りのために花を買いたいの!

相:雰囲気作りってことは?もしかして?今日のデート,何か特別なことあるんじゃないですか?

小:え?いやぁ〜実はね,今日プロポーズするんですよ

相:そうなんですか!? すいませんね,こんな大切な日に墓参りの話ばっかりしちゃってね

小:ほんとですよ

相:お詫びにね,花屋業界で昔から「これ持って行くと必ずプロポーズが成功する」と言われている花があるんでね,サービスしておきますから

小:ほんとですか?そんなのあるんですか?

相:ちなみにお客さんの彼女って花粉症ですか?

小:そういえば…花粉症です

相:じゃあ花粉症の方でも大丈夫な花束にしておきますね〜

小:急にまともなこと言ったなぁ

相:じゃあまず…笹と…

小:笹?

※オチはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの漫才台本ではありません。すでに販売済みの台本です。何らかの形で使用したい場合は購入者の許可が必要ですので,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から