「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください

りきし

当て書き:ハマカーン浜谷健司 / 神田伸一郎

 

浜谷:学生時代に得意な科目ってありましたか?

神田:僕は「りきし」が得意でしたよ

浜:力士?

神:「りきし」が大好きな学生でしたからね

浜:学生で力士好きって珍しくない?

神:確かにみんなは外で野球したりサッカーしてる中,僕はいつも教室で「りきし」の教科書読んでるような学生だったからね,ちょっと珍しいかもしれないですね

浜:力士の教科書なんてあるの?

神:そりゃあるでしょ

浜:何書いてあるんですか?力士の教科書って

神:いやいやいや…浜谷さんも見たことあるでしょ

浜:あるわけないだろ,力士の教科書なんて

神:どんだけ勉強さぼってたんですか,「りきし」の教科書見たことないって

浜:誰ひとり見たことないだろ。力士の教科書だぞ

神:浜谷さん以外みんな見たことありますよ。必修科目だからね

浜:必修科目?力士だぞ

神:僕は「りきし」の教科書をほぼ毎日読んでましたけどね

浜:毎日力士の教科書なんて読んで楽しいのかよ

神:勉強っていうのは楽しくなくてもするもんだからね。楽しいからって筋肉ばっかりつけてると浜谷さんみたいになっちゃうでしょみんな

浜:俺だって学生時代は勉強してたわ。子どものから筋肉ばっかりつけてたわけじゃねぇよ

神:それに「りきし」の教科書は結構ボリュームあるから,毎日少しずつ読んだほうがいいんですよ

浜:確かに力士はボリュームはありそうだよね

神:見たことないのに分かるの?ボリュームありそうとか

浜:力士の教科書は見たことないけど,力士と言えば普通ボリュームあるじゃないですか

神:筋肉バカの浜谷さんでもそれくらいなら知ってるんだね

浜:筋肉バカって言うな。俺だってこう見えて結構頭使ってんだよ

神:頭で瓦割ったりとかでしょ

浜:そういうことじゃねぇよ。計算とかもしてるからね

神:あ〜足し算とかね

浜:足し算もするけど,漫才のときだって笑いとるために計算してしゃべってるからね

神:それは言わない方がいいんじゃない?そういうこと言うから筋肉バカだって言われるんだよ

浜:もっともだなぁ。「笑いとるために計算してしゃべってる」なんて漫才の最中に絶対に言っちゃいけないことだよ

神:そんなことどうでもいいんだよ。「りきし」の教科書はかなりのボリュームがあるからね,僕は毎日5,6時間は「りきし」の勉強してたって話だよ

浜:毎日5,6時間も力士の勉強!? やりすぎだろ。そんなに力士の勉強ばっかりしてたら親に心配されるだろ

神:「社会人になるとなかなかりきしの勉強する時間もないから学生時代にしっかり勉強しておきなさい」って言ってましたよ

浜:ずいぶん理解のあるご両親だねぇ。まぁ確かに社会人で力士の勉強している人はあんまりいないけどね

神:おかげで「りきし」のテストはいつもほぼ100点でしたね

浜:テストってあるの?

神:あたりまえでしょ

浜:あ〜部屋に入るためのテストね

神:部屋に入るためのテストってなんだよ。部屋に入ってからテストでしょ。なんで部屋に入るのにもテストしなきゃいけないんだよ

浜:力士の場合は,部屋に入るためのテストとかあっただろ

神:「りきし」だけ部屋に入るためのテストあるっておかしいでしょ。誰でも入れますよ部屋には

浜:あ〜あれかな?最近は部屋に入ってくれる人減ってきてるから…やめたのかな?部屋に入るためのテスト

神:部屋に入るためのテストなんて昔からないから

浜:テスト勉強とかもしたの?

神:したよ

浜:どんな勉強?

神:基本暗記ですね

浜:何暗記するんだよ

神:何って…それは「りきし」のすべてですよ

浜:力士のすべてを暗記するの?

神:すべてって言っても,日本の「りきし」と世界の「りきし」って分かれてるじゃないですか

浜:日本の「りきし」と世界の「りきし」って…あ〜最近は世界の力士の方が増えてきてるってことだろ?

神:最近も何も,「りきし」っていうのは時と共にどんどん増えますよ。世界の「りきし」だって日本の「りきし」だって一緒でしょ

浜:日本の力士は減ってるんじゃないの?

神:「りきし」が減るってことはあり得ないでしょ。時が経てば経つほど増えていくのが「りきし」だからね

浜:いやいや…力士がそんなに増えつづけたら困るだろ

神:困るって?

浜:ボリュームがあるからね,あまりにも増えすぎると…住む場所がなくなったりとか…

神:「領土問題」の話をしてるんですか?

浜:そういうのを「領土問題」っていうのかどうかはよく分かんねぇけど…

神:確かに「領土問題」は,日本の「りきし」でも世界の「りきし」でも主要な問題の一つだよね。まぁでも,日本の「りきし」と世界の「りきし」を比べると,世界の「りきし」の方がずっと長いからね,その辺がなかなか難しいところなんだよね

浜:「長い」ってなんだよ。世界の力士の方が大きいってことでしょ

神:大きさじゃないよ。長さが長いの

浜:なんの長さだよ

神:だから…「りきし」の長さだよ

浜:「力士の長さ」ってなんだよ。力士の何が長いんだよ

神:何がとかじゃないんだよ。「りきし」っていうのは…その時代時代に起こった出来事っていうんですか?もっと言えばその時代に生きていた人々の生き様っていうんですかね。そういうのが積み重なって形成されいく,それが「りきし」ですから

浜:力士ってそんな堅いかんじなの?俺の中での力士はもっとぷよぷよしたイメージですけどね

神:ぷよぷよ!? それは日本の「りきし」のことを言ってるの?それとも世界の「りきし」のことを言ってるの?

浜:どっちもだよ。ぷよぷよ感で言えば,日本の力士も世界の力士もそんなに変わらないだろ

神:僕はこれまで歴史っていうのをぷよぷよ感っていう観点で研究したことがなかったから,日本の歴史も世界の歴史もぷよぷよしてるっていうのはなかなか興味深い意見だよね。浜谷さんただの筋肉バカで学問とか全然駄目だと思ってたけど,ぷよぷよ感という独特の感性で歴史を見れるっていうのはもしかしたら天才かもしれないよ。日本の歴史と世界の歴史がどんなふうにぷよぷよしてるのか,もうちょっと詳しく教えてもらっていい?

浜:ちょっと待て。お前これまでずっと歴史の話してたの?力士の話してたんじゃないの?

神:力士?相撲取りってこと?

浜:いやいや…お前が言い出したんだろ,力士って

神:だって得意科目の話でしょ。浜谷さんが最初に「学生時代に得意な科目ありましたか?」って聞いてきたんですよ

浜:そうだけど…,それに対してお前「力士」って言っただろ

神:それは浜谷さんの聞き間違いでしょ?

浜:聞き間違いっていうのはせいぜい1,2回「力士って聞こえたかな?」っていう程度のものだろ。お前何回はっきりと「力士」って連呼したと思ってんだよ

神:話の流れで分かるじゃん。「学生時代に得意な科目ありましたか?」って質問したんだから,「力士です」って聞こえたとしてもね,「あ〜歴史のことを言ってるんだな。言い間違えたか,もしくはちょっとなまってるのな」って思うでしょ。それなのに浜谷さんは力士の話を永遠と続けようとしてね,「絶対に自分が聞き間違えるということなどありえない,神田が言い間違えてるに決まっている」という固定観念があるからだよ。だから筋肉バカって言われるんだよ

浜:筋肉関係ねぇだろ。お前なぁ,言い間違いとは認定されないくらいはっきりとした発音で「力士」って連呼してからな。自分の言い間違いを棚に上げ,筋肉バカであるという理由だけで俺が聞き間違えたと決めるなんて,ゲスの極みだよ

神:だいたい僕が力士好きわけないじゃん。筋肉バカじゃないんだから

浜:お前俺ことだけじゃなく力士のことまでバカにするのやめろよ

神:そんなことよりさっき言ってた歴史のぷよぷよ感の話教えてよ。どういうことなの?歴史がぷよぷよしてるって

浜:ぷよぷよしてねぇよ。歴史がぷよぷよしてるわけないだろ

神:でもさっきぷよぷよしてるって…

浜:だからそれは,「歴史」っていうのを「力士」って言ってると聞き間違えただけだから

神:最初から認めればいいだよ,聞き間違えたって

浜:認めたわけじゃねぇよ。もういいよ,歴史の話しろよ

神:浜谷さんは「歴史」得意だった?

浜:俺は別に得意じゃないよ

神:じゃあ好きな歴史上の人物は?

浜:え?まぁ…織田信長…とか?

神:ベタだねぇ〜

浜:いいだろ別に。歴史詳しい人でも好きだろ,織田信長

神:本当に歴史が詳しい人は信長とかそういうベタな人の名前をあげたりしないから

浜:だったらお前は誰が好きなんだよ

神:谷風梶之助とか,稲妻雷五郎とか,柏戸剛とか…

浜:誰だよそれ

神:歴代の横綱

浜:結局力士じゃねぇかよ。力士のことバカにしておきながら好きな歴史上の人物力士って…まさに人の顔した悪魔の所業……

神:どうもありがとうございました

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください