藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ダルビッシュ

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

当て書き:囲碁将棋(文田大介 / 根建太一

 

根建:俺実は野球が大好きなんですよ

文田:この人は野球詳しいですよ。ただ,俺の方がもっと詳しいですけどね

根:特にね,元日本ハムのエースで,今はメジャーで活躍しているピッチャーが大好きですね

文:ドルバッシュだろ?

根:「タテスラ」って言葉を聞いたことがありますかねぇ?彼の「タテスラ」はすごいんですよ

文:ドルバッシュ郷のね

根:ダルビッシュ有だろ

文:ダルビッシュはいい球投げますね。「タテスラ」すごいじゃないですか

根:お前今ドルバッシュって言ったろ

文:言ってないよ

根:ドルバッシュ郷って言ったよなぁ

文:ドルバッシュ郷?誰だよそれ

根:お前が言い出したんだよ。今日は日本ハムの監督の話をしようと思ってるから,お前ちょっと黙ってくれる?今の日ハムの監督は,現役時代はヤクルトでプレーしてたんですけどね…

文:ヤクルトをたくさんつなげたバットでプレーしてたんですよね

根:引退後は北海道と縁がありまして,日本ハムファイターズの監督に抜擢されたんですけどね…

文:北海道との縁は深いですよね。なんといってもあの「北の国から」の主題歌を作った方ですからね

根:まだ結構若いんですけど…

文:さだまさしって言うんですよ

根:栗山英樹だよ。なんでさだまさしなんだよ

文:「お前を嫁に〜♪」って歌ってる人ですよ

根:だからそれさだまさしだろ。関白宣言な

文:そういえば関白宣言してましたよね,ドベリッチョ

根:誰だよドベリッチョって

文:だから,さっきから話題にのぼってる元日ハムのエースだよ

根:ダルビッシュ有だろ

文:ドベリッチョゆうたろうだろ

根:もはや原型とどめてないだろ

文:ドベリッチョが関白宣言したんですよ

根:なんなんだよ,ドベリッチョの関白宣言って

文:「お前を嫁にもらう前に言っておきたいことがある」って宣言して,その後結婚したんですよ

根:「お前を嫁にもらう前に言っておきたいこと」ってなんなんだよ

文:そんなの「僕と結婚してください!」に決まってんだろ

根:それ普通のプロポーズだろ

文:「嫁にもらう前に言っておきたいこと」ですよねぇ,「僕と結婚してください」って

根:そうだけど,でもそれ関白宣言じゃないからね

文:で,晴れて結婚して,名前もドベリッチョからダルビッシュに変わったわけですよ

根:ドベリッチョってダルビッシュの旧姓なの!?

文:そんなことも知らないで野球詳しいとか言ってたのかよ

根:でもさっき「ドベリッチョゆうたろう」って言っただろ

文:結婚して,下の名前も有に変えたんだよ

根:なんでだよ

文:それは,日ハムの監督のさだまさしの提案らしいんですけどね

根:日ハムの監督はさだまさしじゃないんだよ

文:さだまさし監督の現役時代って知ってます?

根:まだ現役だろ

文:まだ投げてんの?

根:まだ歌ってるんだよ

文:歌いながら投げるタイプだっけ?

根:歌うけど投げないタイプだよ

文:最低だな,さだまさし

根:なんでだよ

文:マウンドに上がって歌うだけで一向に投げないんだろ

根:最低だなそのピッチャー。でもさだまさしはピッチャーじゃないからいいんだよ

文:まさしもいい球投げてた時期ありましたよねぇ

根:ないわ!まさしはいい球なんて投げないんだよ

文:まさしがいい球投げないって言い切れんのかよ

根:っていうか「まさし」って言うのやめろよ

文:ダルビッシュまさしはいい球投げてますけどね

根:誰だよ,ダルビッシュまさしって

文:たぶん…ダルビッシュの息子だろ

根:絶対違うだろ。お前全然野球詳しくないだろ

文:詳しいですよ。普段から「タテスラがどうの」とかそういう話ばっかしてるからね俺は

根:それは俺がさっきした縦スライダーの話を聞いたからだろ

文:「縦スライダー」ってなんだよ。タテスライターだろ

根:「タテスライター」こそなんなんだよ。「タテスラ」っていうのは縦に落ちるスライダーだよ。ダルビッシュが得意とする

※オチはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの漫才台本ではありません。すでに販売済みの台本です。何らかの形で使用したい場合は購入者の許可が必要ですので,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から