藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語


お問い合わせ・ご依頼はこちらから

かつらと文金高島田 THE FINAL

続・かつらと文金高島田 の続編

当て書き:スパイク(小川暖奈 / 松浦志穂

 

松浦:私,結婚するの

小川:誰と!?

松:高島田君に決まってるでしょ

小:高島田君って…あの高島田たかお君?

松:あんたが紹介してくれた

小:この間初めて会ったばっかでしょ

松:そうですけど何か?

小:「何か?」じゃないよ。早くない?結婚って

松:うまくいく時っていうのは大抵こんなもんでしょ

小:なんなのその急な勝ち組的発言

松:事実勝ち組ですけどね

小:あ〜分かった。今回はかぶって行かなかったからうまくいったんでしょ

松:かぶって行ったよ,ちゃんと

小:かぶって行ったの!? 文金高島田

松:文金高島田なんてかぶっていくわけないでしょ

小:じゃあ何かぶって行ったのよ

松:猫

小:猫?

松:あんたの最初のアドバイスでしょ。猫かぶって行けばうまく行くって

小:あ〜あれね

松:前回はあんたのアドバス無視してふられたから,今回はアドバイス通りちゃんと猫かぶって行ったわよ

小:どんなかんじで?

松:どんなかんじって…まぁ…前足をあごの辺りでしっかりと繋いだままにしてもらうようにしつけをして,前足がちょうどヘルメットのベルトみたいになるかんじでね…

小:待て待て。本物の猫かぶって行ったのか?

松:本物に決まってるだろ

小:「猫をかぶる」っていうのは本物の猫をかぶるってことじゃないだろ

松:偽物の猫かぶって行くってことなの?

小:あなたバカなの?諺でしょ

松:諺?

小:例えば,自分の子どもなら「目に入れても痛くない」なんて言ったりするけど,本当に子どもを目に入れるわけじゃないでしょ

松:痛いもんね,本当に目に入れたら

小:だからバカ?そもそも目には入らないだろ

松:そもそも目に入れたいと思わないだろ

小:とにかく…諺っていうのはそういうもんなの

松:もしかしてさぁ,私超恥ずかしい格好で街を歩いてたってこと?

小:今頃気づいたのかよ

松:ちょっと〜あんたが「猫かぶって行けばうまくいく」って言ったからでしょ

小:本物の猫をかぶって行くとは思わないでしょ

松:でもいいや。結局うまくいったからね

小:しかし…おもしろい顔の女が好きなあの高島田君とはいえ,本物の猫をかぶった女を見た時は度肝を抜かれただろうね

松:そんなことないよ。高島田君もかぶって来たからね

小:何を?

松:猫

小:高島田君も猫を!?

松:かぶってた

小:高島田君も誰かから「猫かぶって行った方がいいよ」って言われて本物の猫かぶって来たってこと?

松:裏事情は知らないけどさぁ…

小:ちなみに高島田君はその後かぶってた猫取った?

松:そりゃあ取るよ。高級レストラン行ったから

小:例のね。じゃあ見たんだ,高島田君の髪型

松:そこなんだよ

小:超フサフサだったでしょ

松:あれはひどかったよ

小:ごめん。「ハゲかかった人がいい」って言ってたけど,話の流れでおもしろい顔が好きかどうかを重視して紹介しちゃったんだよ

松:そういうことだろうと思ったよ

小:で,どうした?

松:最初は,「ゲッ!フサフサじゃねぇ〜かよぉ〜ふざけんなよぉ〜」って思ってドン引きだったけど,話してるうちに「いい人だなぁ〜」って思ってきてね

 

※続きはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

お問い合わせ・ご依頼はこちらから