藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語


お問い合わせ・ご依頼はこちらから

続・かつらと文金高島田

かつらと文金高島田 の続編

当て書き:スパイク(小川暖奈 / 松浦志穂

 

小川:この間私が紹介した島田たかし君とはうまくいってる?

松浦:ふられた

小:もうふれられたの!?

松:うん…

小:まさか…デートに文金高島田かぶって行ったりしてないよねぇ

松:かぶっていった…

小:何やってんのよ!かぶって行っちゃ駄目だって言ったでしょ!

松:かぶらないで行くつもりだったんだけど…流れでさぁ…

小:文金高島田をかぶっちゃう流れなんてないでしょ

松:バイクに乗るときにかぶるでしょ

小:ヘルメットみたいに?

松:そう

小:高島田を?

松:そう

小:そんな人いる?

松:あれかぶってるとみんな道譲ってくれるからね

小:確かにね

松:おかげでたかしとの待ち合わせ場所にすっごく早く着いた

小:だとしても,バイクでブ〜ンって行って着いたらヘルメットタイプの文金高島田を取るわけでしょ。それならたかし君と会う時はかぶってない状態になるじゃん

松:私だって着いたら高島田を取ろうと思ったわよ。ところが取ろうと思ったら…「あれ?取れない!?」ってなってさぁ…

小:嘘!? よりによってこんな時に?

松:20分くらい高島田と格闘したんだけど……無理だった…

小:興奮して頭が膨張してたんじゃないの?

松:たぶんね

小:で,そのままの状態で待ち合わせ場所に行っちゃったの?

松:しょうがないでしょ。遅刻して時間にルーズな女だって思われたら結婚してもらえないじゃん

小:そこは遅刻してでも高島田を取ってから会うべきだったな

松:でもたかしもかぶってたよ

小:おしゃれがつらをでしょ?

松:高島田をだよ

小:島田たかしが文金高島田を!?

松:うん

小:何やってんのよ島田たかし…

松:「素敵な高島田ですね」って言ってくれて…

小:島田たかしが?

松:私も「たかしさんこそ似合ってますよ,その高島田」って言ってね…

小:なんだよ…いきなり超いい感じじゃん!

松:そうなの〜

小:それで?文金高島田をかぶった二人はどうしたの?

松:「とりあえず食事しよう」ってことになって,レストランに行ったの。高級レストランに

小:かぶったまま?

松:取れないからね,私のは

小:そういうところって…高島田かぶったままじゃ入れないんじゃないの?

松:「お客様,大変申し訳ありませんが,当店での文金高島田の着用はご遠慮ください」って言われて…

小:言われるよね

松:その時起きたんだよ!

小:何が?

松:大事件が

小:大事件?

松:店の人に言われてたかしが高島田を取ったらものすごい毛が抜けちゃったんだよ

小:ワッサ〜って?早くも!?

松:私も思わず「もう!?」って言っちゃって…

小:で,ふられた?

松:違う。たかしが私の目を見つめながら言ったの。「君には僕のすべてを見てもらいたいんだ」

小:かっこいい!

松:でしょ〜

小:「僕のすべて」っていうのは,毛が抜けた状態も見てもらいたいってことでしょ

松:私もう胸がキューンってなっちゃってさぁ…

小:超順調な滑り出しじゃん

松:そうなんだけど,問題は私

小:文金高島田取れない状態だからね

松:そんな私の事情も露知らず,レストランの人は「その文金高島田を早く取れ」みたいな光線をすっごい送ってくるわけよ

小:当然の光線だよね

松:「これ地毛なんです。こういう髪型なんです」って言おうかとも思ったんだけど,自分のすべてを見せようとしているたかしの前で嘘なんてつけないなぁって思ってさぁ,だから私も覚悟決めて,おもいっきり引っ張って高島田を取ってやろうと思ったんだけど,高島田を引っ張ってる時の私の顔がすごかったらしいんだよね

小:確かにすごそう…

松:そしたらそれを見てたたかしが,「僕無理~」って叫びながら店を飛び出したの…

 

※続きはこちらのnoteを購入するとご覧いただけます。

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

続編  かつらと文金高島田 THE FINAL

 

お問い合わせ・ご依頼はこちらから