藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

豪華客船ウエストランド号

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

当て書き:ウエストランド(河本太 / 井口浩之)

 

河本:僕そろそろ船乗りになろうと思ってるんですよ

井口:何で「そろそろ」なんだよ。お前今まで船乗りになる努力なんてこれっぽっちもしてないだろ。何かしてきたのかよ

河:毎日自転車に乗ってますよ

井:それは足漕ぎボート乗りになる練習だろ。白鳥の形した。観光地の湖によくあるやつ。なぜか子どもが乗りたがる。でも最後まであきらめずにペダルを漕ぎ続ける子どもはほとんどいないあれだろ

河:あれだって立派な船だろ

井:所詮ボートだよ。ボートっていうのは通常,河川・湖沼・沿岸で使用される小型船舶だからな

河:詳しいね。お前こそそろそろ足漕ぎボート乗りになった方がいいんじゃないの?

井:だからなんで「そろそろ」なんだよ。足漕ぎボート乗りなんて目指してないよ。っていうか何で足漕ぎボート乗りなんだよ。船について詳しいんだから船乗りでいいだろ。「船乗りになった方がいいよ」って言えよ

河:そういうことなら…一緒に船乗りになろうぜ!

井:そういうことじゃないよ。それはまた別の話だよ。船乗りなんてなりたくないんだよ。漫才師として生きていきたいんだよ

河:だったら船の上で漫才すればいいだろ

井:余興だろそれ

河:超豪華客船で漫才するんだったら余興じゃないだろ

井:営業だろそれなら。超豪華客船の営業なら相当な額のギャラが発生するだろ。それならむしろお前よりも僕の方がやりたいよ

河:そういうことなら一緒に船乗りになろうぜ!

井:そういうことじゃないんだよ。だいたい船乗りって言わないんだよ,そういうのは

河:船に乗ってるじゃないですか

井:船に乗ったことある人が船乗りなら日本全国総船乗りだろ。それに僕たちが船に乗ってるのは漫才してる時だけだろ

河:漫才してる時だけなの?

井:そうだよ。営業なんだから

河:あ~漫才をやる時だけヘリで駆けつけて,1時間ほど漫才やって,またヘリで帰っていくっていうあれね

井:それじゃないよ。そんな多忙な芸能人じゃないだろお前は。僕もだけど。それに1時間もネタをやる時間をもらえるわけないだろ。たとえもらえたとしても1時間も漫才やったらヘトヘトになるだろ

河:1時間くらいなら大丈夫でしょ

井:それはお前だけだろ。お前はほとんどしゃべんないからだよ

河:それはお前がおしゃべりだからだろ

井:おしゃべりじゃないよ。ツッコミだよ。お前のボケが弱いから変なテンションでつっこんでるんだろうが

河:そうやってすぐ怒るからヘトヘトになるんだよ

井:怒ってるんじゃないんだよ。これもまたツッコミなんだよ。変なテンションだから怒ってるように見えることもあるけど

河:怒ってるわけじゃないのね

井:怒ってるわけじゃないよ。たまに本気で怒ってるパターンもあるけど

河:本気で怒ってることもあるの?

 

※続きはこちらのnoteを購入するとご覧になれます。

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から