「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください

強く優しく

当て書き:ロケット団三浦昌朗 / 倉本剛

 

三浦:学校でのいじめが問題になってるじゃないですか

倉本:社会問題になっていますからね

三:この場を借りて言いたいんですけど,いじめをするような人はものすごく弱い人間ですからね!

倉:本当に強い人間はいじめなんてしません

三:だから学校でね,本当に強い人間になるための教育をしたほうがいいと思うんですよ

倉:どんな教育ですか?

三:勉強でも部活でも何でもいいんだけど,何か一つのことに本気で取り組みながら本当の強さを学ぶみたいな

倉:それだったら本当に強い人間になれるおすすめの部活がありますよ

三:何部?

倉:柔道部か,ボクシング部

三:そういう短絡的な考え方だから駄目なんだよ,お前は

倉:短絡的じゃないでしょ

三:短絡的だろ。強い=腕力みたいな考え方だろ?真の強さは腕力みたいに目に見えるものでは測れませんからね

倉:だったら何で測るんですか?真の強さは

三:優しさだよ

倉:優しさ?

三:優しい人が一番強いんだよ

倉:どうしたんですか?なんか今日やけにまじめじゃないですか?

三:いつもまじめだろ俺は。俺の口からはまじめな言葉しか出てこないからな

倉:いつもは適当なことしか言わないですよねぇこの人。確かに,優しい人は強い人ですよ。でも,柔道とかボクシングやってる人も強いじゃないですか

三:弱いだろ。弱いからこそ手を出すわけだろ?

倉:「手を出す」って言うのやめてもらえます?そいう競技ですからね。手を出さなかったら勝負がつかないでしょ,一生

三:そんなの先に手を出したほうが負けだろ

倉:それは日常生活の話でしょ。だったら柔道部とかよりも,野球部とかの方が強いんですか?

三:野球部は弱いだろ

倉:なんで?

三:あんな金属の棒を全力で振り回すような奴ら優しいわけがないだろ

倉:怒られますよ全国の野球ファンの皆様に。じゃあバレー部ならいいんじゃないですか?素手ですからね

三:お前なぁ,あんな全力でビンタするような人間どう思う?

倉:「どう思う」って…,確かにあれがビンタだったら相当えげつないですけどね…

三:優しさのかけらもないだろ

倉:それを言い出したら球技は全部駄目なんじゃないですか?

三:球技は駄目だね。玉を使う競技で唯一強くて優しい競技は,砲丸投げだけだね

倉:いやいやいや,砲丸投げなんて物騒な鉄の玉を意味もなく投げ飛ばす競技じゃないですか

三:お前なんてこと言うんだよ!意味もなくって失礼だろ

倉:別に意味なんてないですよねぇ,鉄の玉投げるのに

三:あの鉄の玉はおばあちゃんが大切にしている鉄の玉なんだからな

倉:おばあちゃんが大切にしている鉄の玉?

三:そうだよ。おばあちゃんだって運べるもんなら本当は自分で運びたいと思ってるんだよ。その鉄の玉をおばあちゃんの代わりに運んであげる,それが砲丸投げだろ

倉:そんな競技でしたっけ?砲丸投げって。だいたいおばあちゃんは何に使うんですか鉄の玉を

三:おばあちゃんが使う鉄の玉っていえばあれしかないだろ

倉:あれって…全然思いつかないですけどねぇ…

三:漬物の重石だよ

倉:いやでも…砲丸なんて丸いものを重石にしたらコロコロ転がって落ちちゃうでしょ

三:だから転がらないように台みたいなものをまず漬物の樽の上に置いて,そこに砲丸を置く,そこまでが砲丸投げなんだよ。な?優しいだろ?

倉:「な?優しいだろ?」じゃないよ。砲丸投げってそんな競技じゃないですからね

三:とにかく,砲丸投げがある陸上部は,強くて優しい部活なんですよ

倉:だったら陸上部が一番強いんですか?

三:陸上部と強さを争ってる部活がもう一つあるね

倉:何部ですか?

三:帰宅部

倉:帰宅部は部活じゃないでしょ

三:部活だよ。俺は帰宅部の部長だったからね

倉:帰宅部に部長なんているんですか!? だいたい何するんですか?帰宅部の部長って

三:部員のみんなが無事に家に着くまで見守る

倉:優しい!優しいですね,帰宅部

三:だろ。もしも途中で足をくじく部員がいれば家まで送り,途中でお腹が痛くなる部員がいればすかさず正露丸を差し出す。それが帰宅部部長の仕事ですよ

倉:まさに強くて優しい男ですね,帰宅部部長。それで結局,帰宅部と陸上部ならどっちが強いんですか?

三:帰宅部って言いたいところだけど,陸上部にやり投げがあれば,陸上部の方が強くて優しいだろうね

倉:何でですか?

三:そこにはたくさんの思いやり(重い槍)がある

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください