「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

トノサマガエルの不祥事

当て書き:博多華丸・大吉博多華丸 / 博多大吉)

 

華丸:一番好きなご飯のお共ってなんですか?

大吉:僕は断然たらこですね。あつあつのご飯にたらこ,最高ですよね!たらこについてだったら1時間は語れますよ

華:今日は語っちゃいますか,たらこについて

大:いいんですか?

華:まず「たらことは何か」っていうところからどうぞ!

大:「たらことは何か」なんて語れます?

華:たらことは,たらこ唇によく似た食べ物のことで……

大:ちょっといいですか?

華:はいなんでしょう

大:逆ですからね

華:逆?

大:「たらこ」あっての「たらこ唇」ですから

華:たらこあっての?どういうことですか?

大:だから,「たらこ」が「たらこ唇」に似てるんじゃなくて,「たらこ」に似ている唇のことを「たらこ唇」って名付けたんですよ

華:誰が?

大:それは知りませんけど…

華:誰が名付けたのかも知らないのによくもまぁそんな偉そうに。「たらこ唇」に似てる食べ物を「たらこ」って呼ぶようになったのかもしれないじゃないですか?

大:華丸さん

華:はいなんでしょう

大:それは「この鶏肉鳥肌立ってるよ」って言ってるようなもんですからね

華:そうなんですか!? でも確かに鶏肉も結構鳥肌立ってますよね。あれ冷蔵庫にずっと入ってたから冷えちゃったんじゃないんですか?

大:バカなんですか?

華:バカ?

大:あのぶつぶつは寒くて鳥肌が立ってるんじゃなくて,鳥の羽をむしった跡なんですよ。寒い時などに出る肌のぶつぶつが,その鳥の肌のぶつぶつとよく似てるから「鳥肌」って呼ぶようになったんですよねぇ

華:「冷蔵庫の鶏肉は冷えきってあんなに鳥肌立っちゃってかわいそう」って思う必要はいってことですか?

大:そんなこと思ってたんですか?

華:いつも心配してるんですよわたしは。鶏肉のことを

大:なんなんですかその親心にも似た気持ちは。「鳥」あっての「鳥肌」,「たらこ」あっての「たらこ唇」ですからね

華:なるほど。「殿様」あっての「トノサマガエル」っていうのと一緒っていうことですね?

大:どういうことですか?

華:だから…「殿様」が「トノサマガエル」に似ているのではなく,「トノサマガエル」が「殿様」に似てるってことでしょ

大:「トノサマガエル」って…「殿様」に似てます?

華:似てますよねぇ

大:どの辺が?

華:責任の取り方とか

大:責任の取り方!?

華:殿様の責任の取り方といえば…切腹ですよ

大:切腹

華:潔く腹を切って責任を取る,それが殿様のあるべき姿でしょうが

大:殿様の場合はそうですけどね,トノサマガエルの場合は責任取るとかないですからね

華:トノサマガエルだって責任取らなきゃいけない場合がありますよねぇ

大:そんなことあります?

華:不祥事ですよ

大:不祥事!? トノサマガエルの不祥事って…どんな不祥事ですか?

華:それは口が裂けても言えませんよ。そんな秘密事項漏らしたらわたしが切腹ですからね

大:あなたなんでトノサマガエルにお仕えする身なんですか?

華:日本で一番偉いお方でしょ,お殿様なんですから

大:そんなに偉くないです,トノサマガエルは

華:「トノサマ」って呼ばれてるのに?

大:だったら「殿さまキングス」なんて相当偉いってことになりますからね

華:殿様 兼 王様 ってことは,ものすごい高い地位についておられるっていうことですよね,そのお方は

大:「殿さまキングス」知らないでしょ?

華:殿様と王様の二足のわらじを履いておられるお方のことでしょ

大:そんなパターンないですから。昔の男性コーラスグループですよ

華:殿様 兼 王様 兼 歌手 ってこと!?

大:話を本題に戻してもいいですか?僕はただ「ご飯にのせて食べるたらこがうまい!」っていう話をしたいだけなんですよ。あなたがバカなことばっかり言ってるから,たらこ唇とか,鶏肉とか鳥肌とか,殿様とかトノサマガエルとか,しまいには殿さまキングスの話までさせられて…

華:それは申し訳ない。謝ります。じゃあここで改めて大吉先生に,たらこについて熱く熱く語っていただきましょう。よろしくお願いいたします

大:そうですか?じゃあちょっとお時間をいただきまして…。ご飯のお共というと,たらこよりも辛子明太子の方が人気があるみたいですけどね,僕がどうして「辛子明太子よりもたらこの方が好きなのか」という話をさせていただきます

華:辛子明太子も美味しいですけどね

大:まぁまぁそうですよ。辛子明太子も好きなんですけどね…

華:そういえば…たらこって辛子明太子にもよく似てますよね

大:華丸さん,僕が話をする番ですからね。ちなみに,たらこに唐辛子とかで味付けしたものが辛子明太子ですから,似てるのは当たり前ですから

華:大吉先生のたらこ話を遮って申し訳ないんですが,たらこが辛子明太子に似てるんじゃなくて,辛子明太子がたらこに似てるんですか?

大:似てるというか…「たらこ」あっての「辛子明太子」ですからね

華:ちょっと待った

大:なんですか?

華:さっき「たらこ」あっての「たらこ唇」って言ってませんでしたか?

大:言いましたよ

でも今は「たらこ」あっての「辛子明太子」って言いましたよね

大:それは両立しますからね

「たらこ」あっての「たらこ唇」と,「たらこ」あっての「辛子明太子」は,両立するんですか?

大:しますよ

華:ならお尋ねいたしますが,「たらこ唇」と「辛子明太子」はどういう関係なんですか?

大:どういう関係って言われても……「たらこつながり」っていうだけじゃないですか

たらこつながり?「たらこ唇」と「辛子明太子」は「たらこ」でつながってるんですか?冷えきった夫婦関係をつなぎとめている子どものように,「たらこ唇」と「辛子明太子」の冷えきった関係をつなぎとめているのが「たらこ」…みたいな?

大:なんの話をしてるんですか

だから,「たらこ唇」と「辛子明太子」の関係についてですよ

大:別に関係なんてないですよ

関係がない!つまり今は冷えきった関係だと。でも関係が冷えきってるのはずっと冷蔵庫の中に入れてたからですよ

大:あのねぇ,辛子明太子は冷蔵庫に入れますけど,たらこ唇は冷蔵庫には入れませんからね

なるほど!ということは,「たらこ唇が冷めてしまった原因はまた別にある」そう言いたいわけですね

大:そんなことを言いたいわけじゃないんですよ。僕はただ「たらこがうまい!」って話をしたいだけなの!

やっと話が見えてきましたよ。冷蔵庫の中で何が起きているのか

大:華丸さん?だからなんの話をしてるんですか?

華:冷えきった夫婦関係に悩んでいる辛子明太子の隣りには,冷蔵庫の冷気で冷えきった鶏肉が鳥肌を立ててぶるぶると震えているではありませんか。「かわいそうに,わたしの唐辛子の成分カプサイシンで体を温めてあげるわ」とかなんとか言ってる間に二人は恋仲に……。一方そのころ,同じく冷えきった夫婦関係に悩んでいたたらこ唇は,偶然街で見かけた美しくも物憂げな女性トノサマガエルに一目惚れ。そして恋に落ちてしまったのです。しかし,たらこ唇には辛子明太子という妻とたらこというかわいい子どもが……。そしてトノサマガエルには,殿さまキングスのボーカル宮路オサムという夫がいる。出会うべきではなかったこの二人。いけないと分かっていても,一度火がついた恋心,そう簡単に消すことなどできやしない。「別れよう」「別れられないわ」「やっぱり別れましょう」「別れられるはずがないだろ」。散々悩んだあげく,たらこ唇は妻と子どもを捨て,トノサマガエルは夫と殿様という地位を捨て,二人は見知らぬ土地へと駆け落ちする決意を固めたのでございます

大:よっ!これがかの有名な,トノサマガエルの不祥事

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ