「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

記憶喪失

当て書き:ライス(関町知弘 / 田所仁

 

田所:俺…漫才なんてできねぇよ…

関町:大丈夫だ田所。これからやるネタは,お前が記憶を失う前に何百回も舞台にかけたネタだ。お前の頭のどこかに,このネタの記憶が眠ってんだ。俺のボケとお客さんの笑い声,それに…あの舞台の空気がお前の記憶をよみがえらせてくれる。俺はそう信じてる。俺たち何年情熱クラッチとして漫才やってきたと思ってんだよ。お前…ツッコミって分かるだろ

田:あぁ…なんとなく…。相槌打ったり,間違いを修正したりするやつだろ…

関:そうだ。それだけ分ってれば十分だ!よし,行くぞ

 

関:ど〜も〜。情熱クラッチで〜す。情熱に満ちた漫才で?

田:え?

関:[「クラッチ全開!」って言うんだよ]

田:[クラッチ全開?アクセル全開じゃないのかよ]

関:クラッチ全開!

田:[クラッチ全開にしても全然前に進めないだろ]

関:[俺たち情熱クラッチのつかみだからいいんだよ] 情熱クラッチの関町と申します。よろしくお願いします!そして?

田:え?

関:相方の名前は情熱クラッチの?

田:クラッチ全開!

関:[今じゃねぇよそれ言うタイミング] そうなんですよ,相方芸名を変えたみたいで,今後はクラッチ全開という芸名でやらせていただきますので…よろしくお願いします。ところでみなさん,クラッチってご存じですか?

田:スクラッチなら知ってます

関:[なんだよ急に,スクラッチって] 宝くじのですか?

田:スクラッチを全開にすると,たぶん無効になります

関:[おい!お前なんでボケてんだよ。ボケたことないだろ]

田:[え?これボケっていうの?]

関:[まぁいいよ] 確かにね…スクラッチは全部こすったら駄目ですよ。無効になりますからね。ただ…僕が言ってるのはスクラッチではなくて,クラッチです

田:グラッチェなら知ってます

関:[グラッチェ?] え〜グラッチェは…「ありがとう」ですね,イタリア語で

田:グラッチェを全開にすると,イタリア人になれます

関:なれるかい![ちょっとボケるのやめてくれよ。話し進まないから]

田:[俺どうすりゃいいんだよ]

関:[適当に相槌打ってればいいから] 最近の車はオートマが多いのでね,クラッチって分からないという方も増えてますけどね…

田:僕も分からないです

関:[もっとつっこみっぽく!] クラッチっていうのはギアを変える時に使うんですけどね,慣れるまでが大変ですよね。すぐエンストしちゃうんですよ。エンストって分かります?エンゼルパイのストックのことですよ

田:そこはチョコパイだろ!

関:[いいぞ。ちょっと違うけど。とにかくそんな感じで続けてみろ。俺それに合わせるから] 森永が出してるのがエンゼルパイで,ロッテが出してるのがチョコパイなんですけどね。どっちの方がいいかは…たぶん好みです!で,エンストっていうのは,ストイックな幼稚園児のことなんですよ

田:そこは保育園児だろ!

関:え〜…ストイックな保育園児?っていうのは……たぶんお昼寝の時間になっても「俺はこのぬり絵が終わるまで絶対に寝ねぇ」っていうかんじの子ですかね?そして「クレヨンは黒しか使わねぇ」とか言う子ね。で,エンストっていうのは,縁側がストライプになってることなんですよ

田:サザエさんちか!

関:サザエさんち?の縁側は……所々張り替えたんでしょうかね,木を。結果的に古い木,新しい木,古い木,新しい木ってストライプになったんでしょうね。で,エンストっていうのは……

田:もういいよ関町。俺やっぱりつっこめねぇよ。ネタ全然思い出せねぇよ

関:何言ってんだよ田所。お前…微妙につっこみっぽくなってきてんだろ。なんか思い出してきてんだよ。俺はボケ続けるからな。お前の記憶が戻るまで…永遠にな!

田:関町…

関:エンストっていうのは,園長先生のストローのことですかね。なんとなく嫌ですね,園長先生が使ったストローってね…

田:ありがとな…関町…

関:もしくは…遠藤選手のストッキングのことですかね…

田:エンストっていうのはなぁ,サッカー日本代表の遠藤選手のストッキングのことなんかじゃねぇんだよ。車のエンジンがストップすることだよ!

関:田所!

田:待たせたなぁ〜関町!どうせエンストのボケ,もうねぇんだろ?

関:冷や冷やさせやがって。あやうくエンストのボケがもう少しで切れるところだったぜ。エンストの次のくだりも思い出したんだろうな

田:当たり前だろ。「マニュアル車だと坂道発進が難しい」って話だろ?来いよ!お前の最高のボケ,見せてみろよ!俺がどこまでもつっこんでやるから

関:せっかく記憶がよみがえったってのに残念だが,もう時間がない。一気にオチまでいくらついてこい

田:おぅ!

関:坂道発進のコツ知ってます?

田:半クラですよね。クラッチを半分くらい踏むっていうあれね

関:そこは潔くクラッチ全開でいけよ!

田:無理だよ。クラッチ全開だと確実に坂道発進失敗するからな

関:クラッチ全開でも坂道登れるだろ

田:どうやって登るんだよ

関:情熱で登り切る

田:さすが情熱クラッチ

関:どうも,情熱クラッチでした!

田:みんなありがとう!情熱グラッチェ

関:どうもありがとうございました

 
 

これはフリーのコント台本ではありません。すでに販売済みの台本です。何らかの形で使用したい場合は購入者の許可が必要ですので,この記事のコメント欄にご一報ください。 

 

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ