藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

西野亮廣さん,やっと「漫才ビジネス」を始める!?

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

AbemaTVの「エゴサーチTV」という番組で,キングコング西野亮廣さんが「漫才作家を蘇らせたい」という話をしておられました。

漫才作家が漫才を書くシステムが好き。昔は漫才をやるときに「作・〜」と作家の名前が出ていた。あれで救われた作家さんもいたと思う。

漫才はできなくても,書くのが好きな方もいる。今のままでは漫才作家を目指す人がいなくなる。書くのが得意な人がちゃんと食べれるシステムを作りたい。 

こんな話をしておられました。 

 

それに対し,ゲストのパンクブーブー佐藤哲夫が「そういうシステム作って。好きでしょ?そういうの」というと,西野さんは 「好きです」「そこちゃんとやりたい」とも言っておられました。

 

これはわたしがずっと前から思っていたことで,このブログでも「いいかげんにしろ!」を廃止にしたら…という記事で書きました。哲夫さんも,「早く作れ!まだか!」とおっしゃっていましたが,同感です。

西野さんはほかにも多方面でビジネスを成功させていますが,西野さんの根っこは漫才師だとわたしは思っています。そう考えると,その他のビジネスよりもまず先にこれをやっても良かったような気もしますが…

 

ただ,番組でも言っていましたが,曲などとは違って印税収入という形にするのが難しく,それゆえに台本の販売システムを作るのもなかなか難しいと思います。有名な人が書いたネタだけが高値で売れ,それ以外のほとんどの人のネタは安い値段でしか売れないとすると,書く人はなかなか増えませんし,今の状況とほとんど変わりません。

そこで提案したいのが,「古典漫才システム」です。つまり,同じネタをみんなで共有する古典落語のようなシステム。例えば,台本を売るのではなく,その使用料をもらう,というような。ただ,先日も書きましたが,プロはこれをやりたくないと思う人が多いので,なかなか難しいのかもしれませんが…

課題はいろいろあると思いますが,「高値で売る」「使用料をもらう」などなど,様々な販売方法を選べるようなシステムがあればいいなと思います。

 

西野さんはすでに本気なのでしょうか?

西野さんは「本気でやりたい」と思ったら本当にやる方なので,西野さんが「本気」なのかどうかがまず知りたいところです。