藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「古典漫才」を成立させるのはアマチュア漫才師なのかもしれない…

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

わたしがよく言う「古典漫才」というのは,単なる「昔の漫才」のことではなく,古典落語のように「同じネタをいろいろな方が演じてネタを成長させながら保存する」という素晴らしシステムのことです。

現在の漫才の世界では,ネタを共有するということはめったにありませんし,特にプロの方はこれをあまりやりたがりません。  

これまでもいろいろな方に「古典漫才というジャンルを確立したい」というお話をさせていただいたのですが,全般的に,落語家の方の反応はとても良く,漫才師の方の反応はあまり良くない,というかんじでした。プロの漫才師の方の協力を得るのは難しいのかもしれません。「古典漫才は理想だ」と言ってくださった現役漫才師の方もおられましたが,「実際にやるのは難しい」とも言っておられました。

 

そこで思ったのですが,同じネタをやる人が増えれば増えるほど,その状態が長く続けば続くほど,人々はそれを「古典」と呼ぶようになるわけですから,演じてくださるアマチュア漫才師を探した方がいいのではないかと…

 

このブログでは,漫才などのフリー台本を多数アップしていますが,これが,漫才を気軽に始めるための一助となり,全国にアマチュア漫才師どんどん増え,結果としてそれが「古典漫才」になればいいのに,と思っています。

この考えに少しでも共感できる方がおられましたら,ご協力よろしくお願いいたします。

  

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から