藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

M-1グランプリ2017で「何回も見たい」と思ったネタ

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

それは,ジャルジャルのあの漫才です。

 

あれは,単調なようでいて何回見ても笑えるネタだと思います。そんな漫才はそうそうありません。あれはすごいネタだと思います。

最初は「よく意味が分からない」という評価をされる危険があり,むしろ2回目3回目に見た方が「よりおもしろい」と感じるネタかもしれません。見ている方も何を言うのかが分かっていて,期待通りそれを言ってくれるという,古典みたいなかんじで。

それでいてかなり高度な掛け合いをしているので,おそらく毎回違ったリアクションが見られるはずです。後藤さんのリアクション,すごく上手ですし。あのものすごい掛け合いを見ているだけでも楽しいです。そしてなにより,演じていて楽しいネタなのだと思います。毎回楽しんで演じてくれれば,見ている方も飽きません。

最後に強いオチがあれば,全然違う結果になっていたかもしれないですね。

 

すでに何回か見てしまいました。また見たいです。特に疲れた時に見たいですね。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から