「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

さらば青春の光には「正統派漫才」を目指してほしい

わたしは,漫才もコントも「正統派」が好きです。

最近活躍しているコント師の中で,「最も正統派」で「最もおもしろい」と勝手に持っているのが,さらば青春の光のお二人です。

「正統派とは何か」ということに関してはいろいろと意見があるとは思いますが,コントの場合は,「しっかりとした台本」と「演技力」か重要ではないかと思います。この二つの要素を今最も満たしているのが,さらば青春の光のお二人ではないかと…

 

そんなお二人は漫才もしておられて,M-1の決勝に残るほどの実力者なのですが,漫才の場合は「正統派」とは少し違い,どうしても「コント感」を強く感じてしまいます。これほどのコントをされるお二人なので,「コント感」が強いのは仕方がないという気もしますが,漫才でも「正統派」でいってほしいです。漫才もコントも両方「正統派」というコンビはあまりいないと思います。これはすごいことですし,お二人ならそれができるような気がします。

 

どうすればいいのか…,勝手に考えてみました。

さらば青春の光のコントは,単なるギャグで笑わせるというより,起承転結があり,全体を通しての「笑い」があって,わたしはそれが大好きです。そのようなネタの作り方は漫才でも活かしていただきつつ,もっともっと「普段の会話に近づける」ことが鍵だと思います。

コントにおける森田さんの演技力は圧巻です。でも,漫才だとそれが邪魔をしてしまっているような気がします。東口さんには「漫才師らしさ」があります。「普段の会話に近づける」ことによって,森田さんも普段の森田さんをベースにしながら,要所要所でその圧倒的な演技力を活かすことができ,すごい漫才になりそうな気がします。

 

結局は「正統派」が一番強く,一番長続きするような気がします。漫才も「正統派」でやれれば,お二人は,個人事務所でありながら「コント」と「漫才」だけで食べていける「コント師」「漫才師」になれるのではないかと,勝手に変な期待をしています。

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ