藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「全国総漫才師化計画」というと大げさですが…

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

M-1の予選が始まっています。

M-1には,アマチュア漫才師を応援するための「ナイスアマチュア賞」と「ベストアマチュア賞」があって,アマチュアのみなさんの参加を歓迎するムードを作ろうという姿勢が素晴らしいと思います。

M-1の予選に参加した方は,アマチュアであったとしても,1回戦を通過できなかったとしても,みんな「漫才師」だと思います。「漫才をしたい」という気持ちと,実際にやってみるというその行動力があれば,誰でもなれるのが「漫才師」だと思っています。

又吉直樹さんの小説「火花」の中に,「本当の漫才師は,極端な話,野菜を売ってても漫才師」というような表現が出てきますが,この感覚と似ていると思います。

わたしは以前から,「日本人なら誰しも一度は漫才をしたことがある」みたいな状況になればいいのにと思っていました。M-1が「アマチュア大歓迎!」という姿勢を示してくれていることは,漫才がそういう方向に動いていく大きな一歩のように感じています。

 

「全国総漫才師化計画」と大げさな表現を使いましたが,漫才を演じるのが得意な方もいれば,漫才を書くのが得意な方もいると思います。

「演じるのは得意だけど書くのは苦手」という方は,このブログでフリー台本を公開していますので,良かったらそれを使って気軽に漫才をしていただきたいと思っています。

「演じるのは苦手だけど書くのは得意」という方は,どんどん台本を書いてほしいです。台本の投稿もお待ちしていますので,良かったら気軽に送ってください。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から