藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

最強の漫才師はプラス・マイナスなのでは?

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

最近プラス・マイナスの漫才を見ていてよく思うのは,「プラス・マイナスが最強なのでは?」ということです。

プラス・マイナスの兼光タカシさんと岩橋良昌さんは,二人とも,しゃべれて,ボケもツッコミもできて,芸達者。オール阪神・巨人さん以来じゃないでしょうか?こんなにも対等な関係で漫才ができる二人というのは。今のこの二人なら,たぶんどんなネタでもやれると思います。もしかしたら,オール阪神・巨人横山やすし・西川きよし夢路いとし・喜味こいしを超える,本当の意味での最強の漫才師になれるかもしれない,そんな気さえしています。

 

そんなお二人を見ていて一番心配しているのは,「売れてしまう」ことです。プラス・マイナスは以前から注目されていたものの,「売れそうで売れない」というポジションゆえに,これまでずっと漫才に打ち込むことができました。だからこそ,今の漫才があるのだと思います。

売れても漫才をメインに活動できるなら,何も問題はありません。テレビでの様々な仕事をすべて漫才に昇華することができるからです。でも,売れて漫才をしなくなる(もしくはできなくなる)コンビがたくさんいるので,どうしても不安に感じてしまいます。

 

プラス・マイナスのお二人には,「本当の意味での最強の漫才師」を目指して,これからも漫才をメインに活動していただきたいと強く願います。どうか,よろしくお願いいたします。