藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

盗作疑惑

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

今さらながらこんなツイートを見つけてしまい…

 

わたしが書いた落語台本に「靴屋は靴を履かない」という作品がありまして,「靴屋の事情」という演劇を見た方が「ほぼまんま」というくらいわたしの作品に似ているらしく,盗作ではないかと疑ったわけです。ネットにアップしたわけですから,「そういうこともあるかもしれない」とある意味覚悟はしていましたが,気になったので「靴屋の事情」の脚本を書いた方を調べ,連絡してみました。

ツイッターで,「以前上演された『靴屋の事情』という作品ですが,どんな内容か教えていただけませんか?」と送ると,おそらくブログでわたしのメールアドレスを調べたのではないかと思いますが,メールで返事がありました。

twitterでのお問い合わせ有難うございました。

靴屋の事情

店をたたもうと考えていたやる気の無い靴屋が客をおちょくると言った内容だったと思います。

データも無く台本も保存していないので、あまり覚えて無く…

こんな感じの作品でした。

 

・なぜツイッターではなく,わたしのアドレスをわざわざ調べて返事をしたのか?

・本当にデータも台本も保存していないのか?

・自分で書いた脚本を「あまり覚えていない」などということがあるのか?

 

疑問だらけですし,何より,見た方が「ほぼまんま」と感じたわけですから,わたしは盗作を疑っています。

この方はいまだに舞台の演出・脚本をやっておられるようで,「どういう気持ちで活動されているんだろう…」と思ってしまいます。

「盗作」と確定したわけではありませんが…

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から