藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

品川庄司の漫才がおもしろかった!

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

先日放送された検索ちゃんのネタ祭りにて,品川庄司の漫才,久しぶりに見ました!

漫才後,爆笑問題の田中さんが「おなじみの品庄の漫才ですからねこれね。導入のところね。このパターンね。でも全然違うものになってますよ」と言っていました。

この日のネタは,銃で撃たれた時にかっこいい芝居がしたいという結構昔からやっているネタ。導入部を見て,「昔のネタやるのかぁ…」とちょっとがっかりしたのですが,いざ蓋を開けてみると全然違うんです!

前半は「鼻血が出る」話で品川さんが暴走,その後二人で絡んだあとに庄司さんが熱演(こちらも暴走?)

 

最高におもしろかった!やっぱり品川庄司は漫才をやっているときが一番いい!

 

同じネタでも,毎回アドリブを入れながら年々進化し続ける。これこそ漫才の醍醐味ですね。今回もアドリブ満載で,二人とも楽しそうに漫才をやっていました。庄司さんを泳がせている時の笑っている品川さんがすごく好きです。

品川さんは漫才以外にもいろいろやりたい人だと思いますが,やっぱり品川庄司は漫才師です。もっと見たいですね,長尺の二人の漫才。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から