藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

笑い飯はしゃべくりで勝負してほしかった…

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

THE MANZAI 2012 笑い飯のネタ,覚えていますか?

 

わたしの正直な感想は…なんで歌ネタを選んだんだろう…です。

 

笑い飯といえば元々Wボケというスタイルで注目されたコンビですが,ただボケを披露し合うだけのコンビではなく,どちらも,ボケもツッコミもかなりうまいコンビ。特に,交互にボケ合う前までは,正統派のしゃべくり漫才と言ってもいいと思います。だからこそ,Wボケのスタイルは保ちつつも,歌ネタではなく,しゃべくり漫才で勝負してほしかった…

今回のような歌ネタは,単独の漫才ライブなどで何本か漫才をやるうちの1本,ちょっと変化をつけるために有効な漫才,そういう印象です。

 

なぜこれを選んだんだろう…

 

来年はしゃべくりで勝負してください!