藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ダイアンはバランスがかなりいい!

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

ボケとツッコミが完全に分かれているコンビは

ボケてつっこむ
ボケてつっこむ
ボケてつっこむ

という単調なパターンになり,笑いも途切れ途切れになりがちです。

 

ダイアンが単調になったり途切れ途切れなったりしないのは,1つにはツッコミの津田さんのキャラにあると思います。津田さんはツッコミですが,必ずしも強くつっこむのではなく,ボケを上手に受け止めることがよくあります。津田さんのリアクションの良さ(柔らかさ)が,笑いを途切れたものにしない重要な役割を担っていると思います。

さらに,西澤さんのボケも、かぶせるボケが多いので,途切れたかんじにならない要因になっています。個人的には,元の大きなボケよりもかぶせている小さなボケの方が素朴かつマニアックで好きです。

雷鳥で来てる」とか
雷鳥の定期はiPadくらいある」とか…

 

ダイアンはボケとツッコミのバランスが本当にいい!今年の THE MANZAI 期待しています。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から