「漫才コラム」 と 「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

f:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129082923j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129121830j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122001j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122112j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129081905j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201211501j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180113105936j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201212841j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180117123045j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129130447j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201213831j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201214042j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201215043j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180124082949j:plain

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

オードリーの漫才が成功している理由

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は レターポット もしくは ココナラ からお願いいたします。

 

オードリーの漫才をはじめて見た時,一発屋の匂いを感じた方も決して少なくないと思います。わたしもその一人でしたが,その予想は大いにはずれました…

キャラ設定のあるキャラクター漫才は多くの場合,何回も見ていると飽きてしまいます。キャラが決まってしまっているので,違うネタでも同じものを見ているように思えてきて,飽きてしまうのだと思います。

 

では,あの春日さんという強烈なキャラのオードリーが,漫才師として成功しているのはなぜなのでしょうか?理由はいくつかあるように思います。

・春日さんは,キャラと素の境界線があいまい
・若林さんは,ツッコミ・話術がうまい
・ボケのバリエーションが豊富
・いろいろな持ちネタがある
・アドリブを入れている

他にもあると思いますが,キャラクター漫才の中で超大成功した数少ない例です。というか,春日さんは本当にああいう人で,あれはキャラクター漫才ではないのかもしれません。

 

漫才師オードリー,おじいちゃんになっても二人で漫才を続けてほしいです!

 

f:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129082923j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129121830j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122001j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122112j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129081905j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201211501j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180113105936j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201212841j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180117123045j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129130447j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201213831j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201214042j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201215043j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180124082949j:plain

漫才,コント,落語台本執筆漫才台本添削漫才なんでも相談室漫才電話相談漫才スタイルを確立する方法漫才とコントの演じ方の違い授業や研修やアクティビティなどへの漫才導入相談漫才について電話で語り合いましょういとしこいしついーと日本語例文リライトHSP体験談1日1食体験談ロゴ制作オリジナルソング着物折り紙の世界