藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ブラックマヨネーズが今のスタイルを確立したのはいつ?

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

朝起きられない吉田さんが,どうすれば遅刻しないで住むのかを小杉さんに相談する
というブラックマヨネーズのネタを知っていますか?

わたしの予想では,このネタから今のブラックマヨネーズのスタイルが確立されたのではないかと踏んでいます。時期は忘れてしまいましたが,このネタをはじめて見たときの衝撃は今でもはっきりと覚えています。

 

以前のブラックマヨネーズは,派手な衣装を着てインパクトのあるセリフを言うというイメージで,「おもしろいかんじはあるものの,これでどこまでいけるのだろう…」と思っていました。

ところが

あの日見たブラックマヨネーズは,普通の格好でしゃべり方も普通。

「あれ?変わった!? しかもネタがものすごくおもしろい!!! 何かつかんだんだなブラックマヨネーズ!!!!!」

嬉しかった…

 

このネタよりも前のネタで,今のスタイルのものもあるのでしょうか?

ブラックマヨネーズについて詳しい方,ブラックマヨネーズのお二人が今のスタイルを確立したのはいつなのか,ぜひ教えていただけないでしょうか?

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から