藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

キングコング 「俺らがすべってる時はほんまにすべってる時や!」

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「シュールみたいなことはやってへんねん
 俺らがすべってる時はほんまにすべってる時や!」

これは,キングコングの西野さんがとある漫才の中で言っていたセリフです。このセリフ,すごくいですね。最近ずっとブログを書いていませんでしたが,「ど~しても書きたい!」と思うほどいいセリフです。

 

キングコングはあまりおもしろくない」という意見もよく聞きますが,西野さんも自覚しているようにそれは「シュールではない」ということなんだと思います。キングコングはおそらく,「シュールではないがおもしろい漫才」を目指しているのではないかと思います。ベタともいえるようなものも二人のうまさで笑いに変える,そういうことができるコンビなのだろうと思います。わたしはキングコング大好きです!

 

同じくだりで出た梶原さんの発言も本音で良かったですね。それは

「想像せ~よ~」

自分では想像するだけでこんなにおもしろいのになかなか人には伝わらないということってありますよね。「それを伝えるのが漫才師の腕だろ!」というのも正論ですが,どうしても伝わらないこともあると思います。漫才師の本音が出たこのセリフもとてもいいと思いました。

 

このように漫才の中に本音が出てきたのは,単独ライブという時間をたっぷり使える状況ゆえ。それなりの持ち時間が与えられ自由にアドリブを入れられる環境で漫才ができるのは本当にすばらしいことです。

もっと漫才環境が向上することを望みます…

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から