藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

タイムマシーン3号の変化?

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

先日オンバト+に出ていたタイムマシーン3号。実は,オンバトを見たのは久しぶりで,タイムマシーン3号の新しいネタを見たのも久しぶりでした。タイムマシーン3号といえば,ボケとツッコミがしっかり分かれているコンビという印象だったのですが…

ツッコミの山本さんが結構ボケを入れていました。それも,ツッコミとしてのボケではなく,まともなボケを。そして,ボケの関さんがまともなツッコミを…

最近はこんなかんじなんですか?詳しい方がいましたら、教えてください!

 

このスタイル,かなりいいと思います。ボケとツッコミ,きっちりと分かれていない方が,漫才を長く続けていくうえで有利だとわたしは思います。タイムマシーン3号のように二人とも「うまい」コンビの場合は特にこのスタイルがいいと思います。

 

みなさんはどう思いますか?