藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

枕(まくら)

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

落語には「枕(まくら)」というものがあります。本題に入る前の話,今風に言えばフリートークのようなものです。

 

落語や漫才だけでなく,生の舞台は生き物であるとよく言われます。毎日違ったお客さんが入り,その日その日の「空気」というものがあります。「空気」をつかみ,話に深みを出すのに役立つのが枕です。

漫才においても,枕のようなものは存在しています。特に舞台では,それなりの持ち時間があるので,すぐにネタに入るのではなく,少しフリートークのようなものを入れることがよくあります。

しかし,TVでの漫才の持ち時間は非常に短く,すぐにネタに入る場合が多いのが現状です。それでも,一般に「うまい」と言われる漫才師は,短い時間の中でも,うまく枕のようなものを入れており,それは漫才に味わいを添えるものとなっていると思います。

 

どんな漫才師が,どのように枕のようなものを入れているのかについては,また書きたいと思います。

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から