藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

落語のように同じネタをみんなで共有し保存するという素晴らしいシステムを取り入れた「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中

f:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129082923j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129121830j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122001j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122112j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129081905j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201211501j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180113105936j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201212841j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180117123045j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129130447j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201213831j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201214042j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201215043j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180124082949j:plain

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

フットボールアワー

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は レターポット もしくは ココナラ からお願いいたします。

 

「円熟味が増し,味わい深くなった」

これが最近のフットボールアワーの印象です。

 

フットボールアワーの味わいは,「しゃべくり漫才」の時に発揮されるように思います。岩尾さんの持つあの独特の雰囲気は,「漫才コント」で何かの役を演じるよりも,「しゃべくり漫才」の素に近い状態のほうが活きるとわたしは思います。始めからおもしろい雰囲気を持っているので,役を演じる必要さえない貴重な人物ということなのかもしれません。

一方後藤さんは,独特の雰囲気の岩尾さんを自由に泳がせながらも,要所要所できっちりと締めたり,緩急を付けたりしながら話を前に進めるので,見ていて心地好い漫才に仕上がります。

 

M-1で活躍していた頃は,「漫才コント」を中心にしていたように思いますが,最近の二人の「しゃべくり漫才」は,本当にすばらしい!ネタのテーマや切り口も,独特で楽しいものです。

お二人にはこれからも,たくさんの「しゃべくり漫才」を生み出していただきたいと強く願っています。

 

f:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129082923j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129121830j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122001j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129122112j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129081905j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201211501j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180113105936j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201212841j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180117123045j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171129130447j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201213831j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201214042j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20171201215043j:plainf:id:KiMONOrigaMi_Eori:20180124082949j:plain