藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

中川家

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

TVのネタ番組でこれほどまでに繰り返し同じネタをやる漫才師は中川家しかいない,と言っても過言ではないと思います。

わたしは中川家の漫才を,「さすがにもうこのネタは飽きたな」という気持ちで見始めるのですが,最後には決まって「おもしろかった!」と感じてしまうという経験を何度もしました。

 

なぜ中川家の漫才は,何度見ても「おもしろい」と感じるのでしょうか…

 

中川家の漫才は「自由な漫才」です。この「自由」は,互いに対する信頼に基づくものではないかと思います。実の兄弟であるということの良さが,この「信頼」と「自由」という形で出ているのではないでしょうか。

同じネタであっても,二人は毎回「自由」に演じるため,変化が生まれます。「自由」に演じている二人を見ているだけでも,楽しい気分になりますし,「よく知っているネタにどんな変化をつけてくるのだろう」という毎回の楽しみが相まって,何度同じネタを見ても,「おもしろかった」と感じるのではないかと思います。

 

同じネタで何回でも楽しませることができる,これは漫才の醍醐味であり,中川家の強みです。そしてこれは,二人が一生漫才を続けるための強力な武器です。

「信頼」と「自由」の漫才をいつまでも見せてください!

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から