藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

アンタッチャブル

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「最も楽しそうに漫才をする漫才師」

これが,アンタッチャブルに対するわたしの印象です。

 

あれほどまでアドリブを入れた漫才ができれば,当然楽しくて仕方がないと思います。

山崎さんは隙あらばアドリブで小さいボケを連発し,それだけでも十分笑っているところに,柴田さんがアドリブでありながら非常に適切なツッコミを入れるため,笑いの渦が何倍にも膨れ上がります。

山崎さんが他のネタの時にも使う小さいボケ(ギャグ)に対し,柴田さんはいろいろなツッコミ方をするため,同じギャグをいろいろなネタで使い回しても,飽きることなく毎回笑ってしまいます。

 

もちろん二人は,単なるアドリブ漫才(フリートークに近いもの)をしているというわけではありません。話の筋がしっかりとしているので,アドリブを多用しても,漫才がぼやけたものになってしまうことはありません。このアドリブの入れ方は,漫才の醍醐味そのものであり,「アドリブのお手本」のようなものだと思います。

 

漫才は本当に楽しいものなのだということをもっと世間にアピールするために,この二人の力がどうしても必要だとわたしは思います。柴田さんもいつかきっと復帰し,その後二人は一生漫才を続けてくれると信じています。そして将来,年をとったアンタッチャブルがどんな漫才をするのか,絶対に見届けます。

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から