藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ブラックマヨネーズ

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

かつてのブラックマヨネーズは,服装は「特殊」,漫才のスタイルは「普通」のボケとツッコミでしたが,それがいつからか逆転しました。服装は「普通」,漫才のスタイルは「特殊」という形に。

吉田さんは「ボケ」というより「過度に心配する人」
小杉さんは「ツッコミ」というより「提案をする人」

これが現在のスタイルです。

吉田さんの「心配」は,小さな「ボケ」でもあり「フリ」でもあります。
小杉さんの「提案」も,小さな「ボケ」でもあり「フリ」になっています。

このように,互いに小さな「ボケ」と「フリ」を繰り返し,頂点に達した時に,吉田さんが大きく「ボケ」,小杉さんが「ツッコミ」ます。

 

吉田さんの「心配」は「過度」なので,笑いを誘います。
小杉さんの「提案」は「変」なので,こちらも笑いを誘います。

これは「おかしみ」であり,二人のやり取りそのものがおもしろく引き込まれます。こうして聴き手を引きつけたまま頂点に達するので,聞いている側の満足度は非常に高くなります。

 

バラエティーでの活躍からも明らかなように,二人の腕は確かです。確かな腕を持つ二人が,この特殊でおもしろく満足度の高いスタイルを確立したわけですから,彼らの漫才がとにかくおもしろいのは当然のことなのかもしれません。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から