藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「中堅」とは?

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

どこからどこまでが中堅なの?

 

漫才師の場合,何年漫才をやっているのかということよりも,「売れる」時期のほうが大きいようです。

なかなか売れない場合,10年以上やっていても「若手」というイメージがあり,早く売れればそこそこの年数でも「中堅」という感じがします。売れるか売れないかで,「若手」なのか「中堅」なのかが決まるとしたら,少し悲しい気もしますが,見ている側のイメージを基準にすると,どうしてもそうなってしまいます。

 

しかし,年を取った「若手」であろうと,年若い「中堅」であろうと,最後の最後まで漫才を続けられる漫才師がこそが,本当に幸せな漫才師なのではないでしょうか…