藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「時間をかけてネタを育てる」という考え方

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「ネタの使い捨て」というと言い過ぎかもしれませんが,最近の傾向はこれに近いものがあると思います。

同じネタでも,アドリブを入れることによって毎回様々な形に変化します。演じる漫才師が成長するとき,そのネタはさらに成長します。「一生」という時間をかけて,そのネタを育ててゆこうという考え方が主流にならないものかと思っています。

もちろん,あえて「使い捨てのようなネタ」をやるというのも,別に悪いことだとは思いません。しかし,「ネタとは使い捨てるものだ」という考えが浸透してしまうなら,漫才の未来に悪影響が及びます。「一生」をかけるつもりで作るネタと,「使い捨てる」つもりで作るネタとでは,当然違いが生じます。「漫才」は一生をかけるに値するものだと思います。漫才に限界はないからです。

問題は,「自分の考え方の限界」という壁をいかにして乗り越え成長を続けてゆくのか,というところにあるのではないでしょうか。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から