藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「しゃべくり漫才コント」という分類

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「漫才コント」は,二つに分類することができると思います。

一つは「最初から最後までほぼ役になりきって話を進めるもの」,もう一つは「何かの役を演じてはいるものの, 要所要所で役ではない本人としてのセリフを入れるもの」です。

後者のような「役ではない本人のセリフ」の割合が多いものを,「しゃべくり漫才コント」と呼ぶのはどうかなと思っています。

 

「役ではない本人のセリフが入れられる」のが漫才の強みです。漫才でコントを演じる場合でも「しゃべくり」の要素を上手に入れることによって,漫才ならではの味わいが生まれてきます。

コントメインのコンビが漫才を始めるとき,「これはほぼコントだな」という印象を与えてしまうことがありますが,それはこの「しゃべくり」の要素がよく分かっていないからなのかもしれません。

もちろん逆のパターンもあります。漫才メインのコンビがコントをやると,漫才感が漂っていたります。

「コント感のない漫才」「漫才感のないコント」,両方できるコンビは少ないのかもしれません。

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から