「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

嘘のない漫才を

ある時から急におもしろい漫才をするようになった漫才師がいます。

もちろん本人たちからすれば,「急に」おもしろくなったというよりも,試行錯誤の末,やっと自分たちの得意な漫才のスタイルを見つけることができたという感覚だと思いますが…

比較的最近では,ブラックマヨネーズチュートリアル,ナイツなどがそうです。

「あっ!変わった!」と感動した時のことを今でも鮮明に覚えているのがこの3組です。

ブラックマヨネーズは,全体的に奇抜な感じの漫才をやめて,自分たちの持ち味を活かした今のスタイルに,チュートリアルとナイツは,「うまい」という印象はあるものの,あまり個性がない状態から抜け出してきたという感じがしました。

 

漫才には,「本当の自分の姿」が映し出されるのだと思います。自分に嘘をついて,「作られた自分の姿」でする漫才には何か違和感があり,見ている側もそれが気になって,素直には笑えないのではないでしょうか。

「本当の自分」を知ること
「本当の相方」を知ること
「本当の二人」を知ること

これが大切だと思います。

 

本当は持っていないものを無理に出そうとするのではなく,持っているもの,つまり二人の持ち味を最大限に発揮することができれば,清々しい笑いが生まれると思います。

「あっ!変わった!という感動を与えてくれる次の漫才師を今も探しています。

 

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ