藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

漫才師らしい雰囲気

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「雰囲気がある人」という言い方があります。

それには,持って生まれたものも関係あるでしょう。生まれながらにして漫才師としての雰囲気を持った人ももしかしたらいるのかもしれません。

しかし,雰囲気というのは,ただ持って生まれたものだけであるというわけでもないはずです。「漫才師らしい雰囲気」を持っている人は,次のようなことをいつも考えている人ではないかと思います。

「漫才師」とはどうあるべきか
「漫才師」としての誇りを持ち続けたい
「漫才」に関して妥協したくない
もっと「漫才」がうまくなりたい
一生「漫才」をやり続けたい
一生「漫才師」であり続けたい

「漫才師」とは,人を笑わせるのが仕事です。ある人はそれを見て,「ただふざけているだけだ, くだらないことをしている」と言います。

「ただ」ふざけているのではありません
「真剣に」ふざけているのです
「真面目に」くだらないことをしているのです

真の漫才師は,どこまでも本気で真面目な人なのです。

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から