藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

キングコング

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

キングコングは誤解されていると思います。

西野さんの顔立ちが良いこと
梶原さんがよく動くこと
若くして売れたこと
華があること

など,漫才とはあまり関係のない部分で注目されていることが,誤解される原因ではないかと思います。

 

キングコングのお二人は,漫才師らしい漫才師だと思います。漫才をする時の二人の格好は, 「スーツ」に「そろいの靴」です。「漫才をする時はスーツを来てほしい」といつも思っているのですが,「靴をそろえてほしい」と思ったことはありませんでした。キングコングのお二人が「そろいの靴」を履いているのを見て,「なんてすばらしいんだろう!」と感動しました。

「格好なんて漫才と関係のないことだ」と思われる方もおられるかもしれませんが,そんなことはありません。「雰囲気」や「風格」は, 漫才師にとって非常に重要なポイントです。「スーツ」と「そろいの靴」は, この点でかなりいい役割を果たしていると思います。

また,キングコングの漫才はスピード感があるのでわかりにくいかもしれませんが,漫才で重要な「おかしみ」が確かにあります。「爆笑する」というよりも,二人の掛け合いややり取りを見ているだけで十分楽しいというあの雰囲気です。

ぜひこの点に注目して, キングコングの漫才を見ていただきたいと思います。

 

ところでみなさんは,キングコングの未来を想像したことがあるでしょうか。年老いキングコングが漫才をしている姿です。

年を取れば,顔立ちが微妙になるかもしれません
年を取れば,動かなく(動けなく)なるかもしれません
年を取れば,華がなくなるかもしれません

その時二人がどんな漫才をしているのか,それがとても楽しみなのです。

どうか一生漫才を続けてください!

いつまでもそろいの靴で…

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から