藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

おかしみ

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

「おかしみ(可笑味)」とは,「おかしい感じ, こっけいなおもむき」のことです。

落語の場合, 必ずしも笑いを取る必要はありません。落語の「人情噺」は,笑わせるのではなく,泣かせる話です。

漫才でも人情噺をやるようになる時代が来るというのはあまり想像できませんが,必ずしも「爆笑」を取らなくてもいいという方向性についても考えた方がいいのではないかと思います。「おかしみを楽しむ」漫才でもできるはずです。

何度も引き合いに出しますが,夢路いとし・喜味こいしさんの漫才は,まさにそのような漫才でした。「あれは最近の人にはうけない漫才だ」と思う方もおられるようですが,若者の中にも,「いとしこいしはおもしろい!」と言う方も結構います。

理想は,「爆笑を取る漫才」と,「おかしみを楽しむ漫才」の共存だと思います。

「爆笑を取れない漫才はおもしろくない」と思っておられる方に,「おかしみ」の価値をお伝えできればと思います。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から