藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

「また同じネタか」なんて言わないでください

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

TVで同じネタをやっているのを見ると,「また同じネタか」「このネタ知ってるからつまらない」という声をよく耳にします。

確かに,同じネタを全く同じように演じていたら,あきてしまいます。しかし,大抵はその時々にアドリブが入るので,「同じネタでも前回とどう違うのかを見る」という楽しみがあります。ここに漫才の醍醐味の一つがあります。

「作り込んだネタをいかにして崩すか」

完成度の高い漫才のほうが,崩しやすいと思います。話の筋がしっかりしているので, アドリブで多少脱線しても,まとまりのある漫才になるからです。アドリブが入ると漫才は生き生きとしたものになります。アンタッチャブルの漫才を見れば,それがよくわかります。理想の漫才とは, 演じている本人たちが「一番楽しい!」と思っている漫才なのではないかと思います(これは「自己満足」とは全く別ものです)

アンタッチャブルの漫才復活を待っています。