藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note 「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 販売中

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

古典漫才・カバー漫才

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

落語の世界には「古典落語」があり,音楽の世界には「カバー曲」があります。

なぜ漫才の世界にはないのでしょうか…

それには,ネタの完成度の問題があると思います。これは,「笑える」という意味での完成度のことではありません。「作品(話)」として完成度のことです。「いかに笑いを取るか」に重きを置きすぎていて,この点があまり重視されていないように思います。

作品としての完成度が高い「名作」と呼ばれる漫才が増えることを望みます。「名作」であれば,カバーすることができます。古典落語や曲のカバーの例からもわかるように,繰り返しカバーすることによって,大抵,作品の価値は上がります。そしてそれは,漫才そのものの価値をも高めることになるのではないかと思います。

「後世に語り継がれる名作を作ってみせる!」という意気込みで,新ネタを作ろうと思います。