藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

オチがしっかりした漫才は後味が違う

 

フリーの漫才作家として活動しておりますので,ご支援いただけると助かります。漫才・落語・コントなどのフリー台本使用の謝礼や,「古典漫才」普及のための活動・その他の活動のご支援は note からお願いいたします。

 

漫才は「落語」ではないのだから, オチにはそんなに力を入れなくてもいいという考え方もあると思います。しかし,しっかりとしたオチがあるのとないのとでは後味が全く違うというのも事実だと思います。

例えば,夢路いとし・喜味こいしさんはほとんどのネタで, 最近では大多数の漫才師が言うあるセリフを言わずに漫才を終えます。そのセリフとは,「いいかげんにしろ! やめさせてもらうわ!など, 漫才の最後に言う言葉です。

いとこい漫才はオチがしっかりしているので,このような言葉を言わず,オチそのものが最後の言葉となり,お辞儀をして舞台を後にします。見ている人は,なるほど!という気持ちになります。この後味の良さが,漫才全体の質一つの作品としての価値を高めてくれます。

最近の漫才ではなぜオチが弱いのか,原因はいろいろあると思います。また,書きたいと思います。

 

note販売中

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から