「漫才コラム」と「漫才・コント・落語台本集」

自由に使えるフリー台本もあります

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ

・漫才師らしい漫才師

銀シャリは売れても絶対に漫才をやめないでください!

M-1優勝後,他の仕事が忙しくなりすぎたりしてあまり漫才をしなくなるコンビがいる一方で,M-1優勝時よりもその後の方が圧倒的に漫才がおもしろくなるコンビもいます。 例えば,ますだおかだはM-1優勝後に,岡田さんがガンガンボケたりすべったりするネタを…

三四郎の漫才におけるメインは相田さんだと思う

三四郎は,小宮浩信さんが注目されていて,相田周二さんは「三四郎のサブ」とか「じゃない方芸人」などと言われたりもしています。小宮さんの方がバラエティなどで重宝されるというのは分かりますが,三四郎の漫才においてはむしろ相田さんがメインなのではない…

最強の漫才師はプラス・マイナスなのでは?

最近プラス・マイナスの漫才を見ていてよく思うのは,「プラス・マイナスが最強なのでは?」ということです。 プラス・マイナスの兼光タカシさんと岩橋良昌さんは,二人とも,しゃべれて,ボケもツッコミもできて,芸達者。オール阪神・巨人さん以来じゃないで…

味(雰囲気)のある漫才師

漫才師にとって「味」もしくは「漫才師らしい雰囲気」というのはとても大切だと思います。ただ,漫才師らしい雰囲気というのは「雰囲気」なので,雰囲気とは何なのか,味とは何なのか,なかなか説明するのが難しく感じます。 そこで今回は,日頃から「この人ほんと…

フットボールアワー

「円熟味が増し,味わい深くなった」 これが最近のフットボールアワーの印象です。 フットボールアワーの味わいは,「しゃべくり漫才」の時に発揮されるように思います。岩尾さんの持つあの独特の雰囲気は,「漫才コント」で何かの役を演じるよりも,「しゃべくり漫…

ますだおかだ

よく正統派漫才といわれるますだおかだですが,現在のスタイルは, 「ボケ」と「ツッコミをボケさせる(すべらせる)」というものです。 わたしの記憶が正しければ,M-1で優勝した後から,岡田さんにたくさんボケさせるというスタイルが定着したように思います。増…

中川家

TVのネタ番組でこれほどまでに繰り返し同じネタをやる漫才師は中川家しかいない,と言っても過言ではないと思います。 わたしは中川家の漫才を,「さすがにもうこのネタは飽きたな」という気持ちで見始めるのですが,最後には決まって「おもしろかった!」と感じ…

アンタッチャブル

「最も楽しそうに漫才をする漫才師」 これが,アンタッチャブルに対するわたしの印象です。 あれほどまでアドリブを入れた漫才ができれば,当然楽しくて仕方がないと思います。 山崎さんは隙あらばアドリブで小さいボケを連発し,それだけでも十分笑っていると…

ブラックマヨネーズ

かつてのブラックマヨネーズは,服装は「特殊」,漫才のスタイルは「普通」のボケとツッコミでしたが,それがいつからか逆転しました。服装は「普通」,漫才のスタイルは「特殊」という形に。 吉田さんは「ボケ」というより「過度に心配する人」小杉さんは「ツッコミ」とい…

おぎやはぎ

テンションは低い勢いはないほとんど動かないでも,おもしろい! これは,おぎやはぎの漫才をはじめて見た時の感想です。衝撃的でした。 漫才師としてある意味恵まれた素質を持つ小木博明さん 小木さんのキャラクターを最大限に活かすツッコミでありながら,…

キングコング

キングコングは誤解されていると思います。 西野さんの顔立ちが良いこと梶原さんがよく動くこと若くして売れたこと華があること など,漫才とはあまり関係のない部分で注目されていることが,誤解される原因ではないかと思います。 キングコングのお二人は,…

夢路いとし・喜味こいし

味わい深い漫才師と言えば, なんといっても夢路いとし・喜味こいしさんだと思います。 最近の漫才しか知らない方からすると,いとしこいしのお二人の漫才は,テンポが遅く, 笑いの数も少ないと思えるかもしれません。しかし,漫才の醍醐味は必ずしも,「ス…

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から
漫才・コント台本投稿募集中! こちら をご覧ください


漫才・コント台本 書きます いとこい漫才のような「話の筋とオチがしっかりとした漫才」です 漫才台本を読ませていただきます 「話の筋とオチがしっかりとした台本」を書きたい方におすすめ