藤澤俊輔 「漫才コラム」と「漫才.コント.落語台本集」

漫才作家だけで食べていくために「オチを売るシステム」を模索中。「古典漫才」の普及を目指しフリー台本公開中。時々コントと落語

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から

ひきにげ

この台本は,キッズクラブにきている小5の男の子が書いた漫才台本を手直ししたものです。今その子とこの台本で漫才の練習をしています。

 

A:最近はまっていることがあるんですよ

B:なんですか?

A:「ひきにげ」

B:ダメでしょひき逃げは

A:楽しいじゃないですか「ひきにげ」って。ただねぇ…まだ下手なんですよ

B:そんなのうまくならなくていいですから

A:家で練習してても気持ちが乗らないじゃないですか

B:家で練習!? どうやってやるんですかひき逃げの練習って。やめた方がいいですよ,練習なんて

A:さっきも一回やってきたんですよ。ぶつけ本番で

B:ひき逃げからの漫才ってこと!? 「ぶつけ本番」で人にぶつけてきたってことですよねぇ

A:人にぶつける?何を?

B:「何を」って…車をですよ。人に車をぶつけて逃げてきたんでしょ?

A:そんなわけないでしょ

B:だって「ひき逃げにはまってる」って…

A:そっちの「ひき逃げ」じゃないですよ。犯罪でしょ

B:でも他に「ひき逃げ」なんてないでしょ

A:僕が言ってるのは,家電量販店とかに行ってピアノで一曲弾いて逃げてくる「弾き逃げ」ですよ

B:そっちの弾き逃げ?ピアノ弾く方の?でもピアノ下手なんですよねぇ

A:めちゃくちゃ下手ですよ。下手すぎて聴いてる人みんな死にそうになりますから

B:どんだけ下手なんですか。それ微妙に犯罪なんじゃないですか?

A:僕も「微妙に犯罪なんじゃないかなぁ…」って思ったので,逃げてきました

B:僕の知ってる「弾き逃げ」とちょっと違いますけど…,普通はちゃんと家で練習してからやるんですよ

A:「練習しない方がいい」って言ってませんでした?

B:だからそれは,人を車でひく方の「ひき逃げ」の練習ね

A:実は練習はしてるんですよ。ピアノ弾く方の「弾き逃げ」のね

B:してるんですか?どんな練習?

A:ピアノのフタをものすごい速さで閉めて,ものすごい速さで立ち去るっていう

B:それ逃げる練習でしょ?

A:「弾き逃げ」だから逃げる練習大事じゃないですか

B:逃げる練習いります?弾く練習は?

A:してないです

B:なんでしないんですか。弾く練習してくださいよ

A:逃げる練習が先でしょ

B:弾く練習が先だよ。弾いてから逃げるんですよ,弾き逃げというものは

A:弾くのはいいです。弾く練習大変だし

B:「弾くのはいいです」って…,弾かないんだったらただの「逃げ」ですよ。全然「弾き逃げ」にはまってないじゃないですか

A:ちゃんとはまってますよ。逃げることに

B:弾くことからね

 

 

これはフリーの漫才台本です。ご自由にお使いください。
ご使用の際は,この記事のコメント欄にご一報ください。

 

 

漫才なんでも相談室 [レターポット使えます]

レターポットが使えるサービスを何かやってみたいと思い,元漫才師で現在漫才作家のわたしにできそうな「漫才なんでも相談室」を開設してみました。

レターポットで漫才に関するご相談をお送りください。Messengerにてお返事いたします。

 

・結婚式や送別会などの余興で漫才をしたい
・好きなコンビの漫才を演じてみたい
・アドリブの入れ方を教えてほしい
・漫才台本を書きたい
・漫才台本の添削をしてほしい
・昔の漫才師について知りたい
・漫才とコントの違いを教えてほしい などなど…

 

漫才に関するちょっとした疑問やご相談など,お気軽になんでもお尋ねください。

 

 

「漫才に関する相談をしたい」と思う方はそんなにはいないような気もしますが,レターポットが使えるサービスが増えるのはいいことだと思うので,しばらくやってみようと思います。よろしくお願いいたします。

 

レターポットによって漫才作家だけで食べていける可能性が…

キングコング西野亮廣さんがリリースした新仮想通貨レターポット」を上手に活用すれば,漫才作家だけで食べていける可能性があるように思います。

レターポットは文字がお金になっているので,フリー台本を使っていただいた方や読んでいただいた方やその他応援してくださる方から,それぞれの思いをレター」にして送っていただくことが可能です。

ただし,受け取ったレターは今のところ換金できません。たぶん,今後も換金できるシステムは導入されないと思いますし,導入しない方がむしろ長続きすると思います。「換金できないならそれで食べていくことはできないじゃないか」と思われるかもしれませんが,「レターポット」のコンセプトを理解していれば,「食べていける可能性は十分にある」と感じると思います。

 

レターポット」を活用して漫才作家だけで食べていくためには,「古典漫才」というジャンルを確立する必要があると思います。古典落語のように,「同じネタを様々な演者がそれぞれの個性を活かして演じる」というエキサイティングなあのシステムです。

ネタはみんなのもので,誰でも演じることができ,演じてくださる方やそれを見て評価してくださる方や作家を応援してくださる方がいれば,レターを送ってくださるかもしれません。

漫才作家レターポット」はとても相性が良さそうです。

 

これを実現するために必要なことを書き出してみます。

□話の筋とオチがしっかりとした台本を書き,フリー台本として公開する

古典落語のように同じネタを様々な演者がそれぞれの個性を活かして演じる」という考えに賛同してくださる漫才師の方を増やす

一般の方にも気軽に漫才をしてもらえるような環境を作り,フリー台本の利用者を増やす

□台本をそのまま演じるのではなく,自分たちなりにアレンジして演じる喜びを見出してもらえるようレクチャーする

 

まだまだ他にもできることがあると思います。何かアイデアなどありましたらぜひ教えてください! 

 

note販売中
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法 [¥10,000]
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」 [¥6,000]

「台本のご依頼」と「当て書きリクエスト」は こちら から